ディプロマ・ポリシー

常磐大学・常磐短期大学・常磐大学大学院におけるディプロマ・ポリシー(大学が教育活動の成果として学生に保証する能力[卒業時の到達目標]を定めたもの)を学部・学科・研究科ごとにご確認いただけます。

常磐大学

University

本学の学則等に示された教育の理念・教育の方針・教育の目的等を理解して広く深い教養と知識を学んだ後、社会や地域に貢献するための社会適応力および社会活動力を身に付けた人材を養成します。

  1. 目的意識を持って精力的に学んだ後、職業生活や社会生活を自立的に営みながら、さらなる専門性と創造性を高め、人格を磨いていくことができる。(知識・理解、態度)
  2. グローバル化の中で展開する知識基盤社会において、豊かな国際感覚で問題を捉え、その問題解決に真摯に取り組むことができる。(態度)
  3. 集団の中で状況に応じて自分の役割を意識し、役割遂行に向けて最善の努力を惜しまず、積極的で柔軟性を持った思考力を身に付けている。(思考・判断)
  4. プロジェクト型の取り組みで企画を創造的に立案し、チームワークを高めることに貢献して目標達成に向けて真摯に努力することができる。(技能、態度)
  • 人間科学部

    • 本学部は人間科学に基づく教養、基本的知識を駆使し、批判精神、倫理観、責任感をもって問題を発見し、その解決を図ることができる人材を養成します。同時に、各学科の専門性に基づく高度な専門的知識と応用能力を実践することによって国際化する社会の各分野で活動してその進展と福祉の増進に貢献できる人材を養成します。

      1. 人文科学、社会科学、自然科学の諸領域にわたる広く深い教養と基礎的な知識を、各学科の専門性および人間科学の枠組みで理解している。
      2. 人間に関わる諸問題、とりわけ、心理や行動の発達、教育、社会や福祉、コミュニケーション、健康と栄養に関わる諸問題を発見し、批判的に考え、多面的な思考と分析によって的確な判断を下すことができる。
      3. 人間科学に基づく高い倫理観を持ち、自らの社会的責任を理解している。
      4. 各学科の専門性に基づく高度な専門的知識と応用・実践能力を修得し、課題解決のための具体的方策を提示し、これを実行できる技能を身に付けており、それによって社会に貢献することができる。
      • 心理学科

        • 多くの人が様々な心理的な問題を抱えて社会に適応しにくくなっていたり、自分のもっている心理的な能力を十分に発揮できなくなっていたりする現代、人間の感覚や知覚、記憶、学習、思考、性格、認知、発達など、いわゆる「心」といわれる人間の様々な働きを科学的に理解し、さらに理解したことを駆使して、人間が社会のなかで、より、自己を実現できるようになることに寄与することのできる人材を養成します。

          1. 人間にアプローチするための科学的な心理学的方法を理解することができる。(知識・理解、思考・判断、技能)(真摯)
          2. それを駆使して、人間の諸行動や諸現象に関する基本的な心理的過程やメカニズムを理解することができる。(知識・理解、思考・判断、技能)(創造、真摯)
          3. 人間の不適応行動、問題行動および病理等の心理的過程やメカニズム、および諸能力を発揮する方略を理解することができる。(知識・理解、思考・判断、技能)(自立、創造、真摯)
          4. それらを駆使して、総合的に人間のよりよい社会的適応および諸能力の発揮に実践的に寄与することができる。(知識・理解、思考・判断、技能、態度)(自立、創造、真摯)
      • 教育学科

        • 幼児期から児童期、さらには青年前期から青年後期へと繋がる人間の成長および発達と、発達段階に応じた教育のあり方を理解し、教育の理念と方法、教科に関する専門的知識・技術、および実践的指導力などの高度な資質と能力を身に付けた、幼稚園から高等学校までの一貫した学校教育制度の理念を志向する人材を養成します。

          1. 教育に関する確かな知識と,得意とする分野の専門的知識を修得している。(知識・理解)
          2. 教育をめぐるさまざまな現代的課題について論じ,適切な対応を考えることができる。(思考・ 判断)
          3. 教育活動に取り組むため,高い技能と豊かな表現力を身に付けている。(知識・理解,技能)
          4. 自己の学習課題を明確にし,理論と実践を結びつけた主体的な学習ができる。(思考・判断,態度)
          5. 専門的職業人としての使命感や責任感と多世代にわたる対人関係力を身に付け,社会の一員として適切な行動ができる。(態度)
      • 現代社会学科

        • 現代社会を構成する様々な人間と社会を幅広く理解した上で社会現象を総合的に認識することができ、人間科学と社会科学の視点を活かしながら、健全な倫理観に基づく批判精神を発揮して同時代の問題に主体的に取り組み福祉社会を創造することができる人材を養成します。

          1. 幅広い教養と知識を持ち、様々な地域や国々への理解と異文化や「他者」への想像力を伴った、21世紀に生きる人間に求められる寛容なものの見方を身に付けている。また、関連諸科学の知識を活かし、自己と社会の関わりについての認識を深めることができている。
          2. 現代社会の諸現象と変化を捉えるための情報を的確に収集し、それらを社会科学の視点で読み解くことができる。
          3. 現代社会の諸問題への関心を深め、それらに取り組んでいく主体性、健全な批判精神、倫理観を身に付けている。
          4. 現代社会の課題を多角的に見出し、その改善・解決の方策を考えることができる。
      • コミュニケーション学科

        • 本学科のコミュニケーション学は、人間や組織が考え感じたことを伝える側面と、受け取る側面とを分析的に探求する社会心理学、言語学、社会学などの学問領域と、人が表現したい内容を的確に表現する構想力とそれを支えるグラフィック技術、映像技術、プログラミング技術を探求する学問領域とが交差するところに成立しています。また、多様な文化や考え方、英語の構造、国際コミュニケーション手段としての英語を科学的に探求する学問領域では、言葉の背景にある文化や歴史を理解し、幅広い教養と国際感覚に裏付けされた英語コミュニケーション能力を身に付けることができるようになっています。在学中に修得した知識・技術を用いて、情報社会、国際社会の一員としての自分の立場や考え方を認識し、コミュニケーションに対して学問的な幅広い観点から考える態度を身に付け、得た情報を批判的に読み解き、自分の考えを説明することができる人材を養成します。

          1. 情報社会におけるメディアとコミュニケーション、国際社会における外国の人々とのコミュニケーション現象に幅広く関心を持つことができる。
          2. 自分の卒業研究・卒業制作についてコミュニケーション学の観点から説明することができる。
          3. 日常生活の中で出会う情報を批判的に読み解き、多面的に判断することができる。
          4. 科学的な知見を基礎とした他者との円滑なコミュニケーションによって、家庭にあっても、地域社会にあっても、企業にあっても、情報化、国際化する社会の中で一定の役割を果たすことができる。
      • 健康栄養学科

        • 21世紀の栄養ケア・マネジメントは、対象者個人の栄養状態、健康状態の把握はもちろんのこと,生活習慣全般を認識した対応と、他のスタッフとの連携(多職種協働)を取りながら一連のマネジメントを手がけ多角的な物事の判断によって、人間そのものを把握し受け止めることのできる能力が求められる。本学科では、対象者1人ひとりの問題発見からその解決を導くために、充分な基礎能力と幅広い知的バックグラウンドを有し、さらに高度な専門知識と対人コミュニケーション能力と共に生活習慣病対策の任務を担う者として,病気発生そのもののメカニズムを知る基礎力を付け,生活習慣と病気の関係を十分に理解できる人材を養成します。

          1. 栄養ケア・マネジメントの基本が“人間栄養”であることを理解している。(知識・理解)(態度)
          2. 生命維持に関して,食物および栄養の意義を理解している。(知識・理解)
          3. 生活習慣病予防の担い手として,コ・メディカル知識やコミュニケーション能力等を生かし,適正な栄養ケア・マネジメントができる。(思考・判断)
          4. 豊かな教養と専門知識を持ち,多職種協働の中で力を発揮できる。(技能)
  • 総合政策学部

    • 幅広い観点からの知識を蓄え、現代社会の諸問題に対して、正当に評価できる能力と、解決策を導き提言・提案できる能力を有し、グローバル化する社会に貢献できる実践的能力を備えた人材を養成します。

      1. 広範な教養と知識を身に付け、社会での活用方策を創造することができる。(知識・理解)
      2. 変容する社会の諸問題を柔軟な思考で捉え、多面的な視野で判断し、課題発見、課題解決に取り組むことができる。
      3. 諸分野の協働が求められる社会の中で、自らの役割を認識し、自主的に活動する真摯な姿勢を身につけている。
      4. 専門的知識を統合的に応用し、政策の立案・提言により社会に貢献できる実践的な能力を備えている。
      • 経営学科

        • 経営(マネジメント)の観点から、グローバル社会の中で企業等が直面している諸問題に取り組み、その具体的な解決策を提示できる能力を備えた人材を養成します。

          1. 基本的語学力、情報処理能力を修得し、経営、マーケティングおよび財務・会計に関する基礎知識について説明できる。
          2. グローバル化する社会にあって、経営(マネジメント)という観点から課題を解決する調整能力を備えている。
          3. 実務に対応した専門性を高めようとする真摯な態度と意欲を身につけている。
          4. 地域経済において直面する問題を解決するコミュニケーション能力とリーダーシップを備えている。
      • 法律行政学科

        • 法的思考能力(リーガルマインド)を基礎として、法制度を理解し、安心・安全な社会の実現のために活動している諸機関において活躍できる人材を養成します。

          1. 法律・行政に関する基礎的知識を身につけ、社会の実態を広い視野から理解することができる。
          2. 法制度と行政をめぐる様々な現代的問題について、論理的思考に基き、適切な対応を提案することができる。
          3. 安心・安全な社会の実現に向けて主体的に取り組む姿勢と、多面的総合的に判断する公平性を身に付けている。
          4. 社会に貢献するための、法的思考能力(リーガルマインド)と政策立案能力を備えている。
      • 総合政策学科

        • 学際的・総合的観点から、地域の官民の諸機関において、地域社会が直面している諸問題に取り組み、その具体的な解決策を提示することのできる人材を養成します。

          1. 政治・経済に関する基礎的知識を身に付け、各分野における政策形成の過程を理解している。
          2. 諸問題を考察し、実践的なプロセスにより問題解決に導く提案ができる。
          3. 地方を創生し活性化する必要性と重要性を認識し、地域社会の中でリーダーシップを発揮することで地域社会のニーズに応える姿勢を身につけている。
          4. 多分野に関連し複雑化する諸問題に対し、グローバル的、総合的な視点から解決策を提案できる能力を備えている。
  • 国際学部

    • 豊かな教養と人間性を基礎に、グローバル化する社会に不可欠なコミュニケーション能力とマネジメント能力をもとに、国際社会のみならず地域社会においてもリーダーシップのとれる行動力ある人材を養成します。

      1. 国際社会のしくみや課題を理解し、その歴史や文化について説明することができる。(知識・理解)
      2. グローバル化する社会の中で、自分自身を成長させようとする向上心を身に付けている。(態度)
      3. グローバル化する社会の中で生起する様々な課題に対し、一方に偏ることなく多面的に思考・分析することで的確な判断を下すことができる。(思考・判断)
      4. 社会で通用するコミュニケーション能力と、課題解決のための具体的方策を提示しこれを実行するための技能を修得している。(技能)
      • 経営学科

        • 学則に定められている本学科の「養成したい人材像」にあるように、本学科の学生は卒業時に、幅広い教養を基礎として、さらに専門的なマネジメント知識、ビジネススキルを修得していることが求められています。また、社会の期待に応えるべく、実力のある社会人としてリーダーシップを身に付けている人材を養成します。

          1. 基本的語学力、情報処理能力を修得し、経営、マーケティング および財務・会計に関する基礎知識について説明できる。(知識・理解)
          2. 実務に対応した専門性を高めようとする真摯な態度と意欲を身に付けている。(態度)
          3. グローバル化する社会にあって、経営(マネジメント)という観点から課題を解決する調整能力と国際的なバランス感覚を備えている。(思考・判断)
          4. 地域経済において直面する課題を解決する、コミュニケーション能力とリーダーシップを備えている。(技能)
      • 英米語学科

        • 学則に定められている本学科の「養成したい人材像」にあるように、本学科の学生は卒業時に、単に流暢に英語を話すのではなく、言語の背景にある文化や歴史を理解した上で、教養に裏付けされた内容豊かなコミュニケーションができ、常に国際化する社会の一員としての自分の立場や考え方を認識できる人材を養成します。

          1. 英語という言語の背景にある文化や歴史について説明することができる。(知識・理解)
          2. 外国の人々に対して自分や自国について説明することができる。(知識・理解)
          3. 外国の人々と積極的にコミュニケーションを図ることができる。(態度)
          4. グローバル化する社会において創出される一元的な価値基準に対して、多面的に判断することができる。(思考・判断)
          5. 実社会で活用することができる英語力を持っている。(技能)
  • コミュニティ振興学部

    • グローバル化の進展により、国際的な動きとコミュニティとの結びつきが強まるなか、地域における課題を発見し、その解決策を模索・提示し、自ら活動していくことで地域社会の振興に貢献できる、人間性と専門的知見を兼ね備えた人材を養成します。

      1. 地域社会及び地域の課題に関する基礎的知識と、地域の発展に不可欠な「文化」「政策」「福祉」といった種々の専門的知識を身に付け、それらの意義について総合的に理解し、広範な視野から見つめる力を持っている。(知識・理解)
      2. 地域社会に存在する人材や有形無形の文化財・自然といった様々な財産と、現在発生している様々な地域課題についての思考力を持ち、地域の発展のために状況に応じた適切な選択を行うための判断力を身に付けている。(志向・判断)
      3. 地域社会に対する愛着心と倫理性を身に付け、地域社会の一員という自覚を持ちつつ、地域課題の解決や地域の活性化のために自らが率先して活動を行う態度を身に付けている。(態度)
      4. 地域社会における様々な課題に対して真摯に向き合い、地域の様々な構成員とともに議論することを通じて、解決のための具体的方策を立案し、実行する力を備えている。(技能)
      • コミュニティ文化学科

        • 本学の教育理念・方針・目的を基本とし、コミュニティ振興学部の目指す学生像に沿って、人間性と専門的知見を兼ね備えた、社会や地域の文化形成に貢献できる真の「学士力」を有する学生を養成します。

          1. 学修を基礎として、社会や地域における文化の様態を広汎な視野から見詰める力及び文化形成に資する基本的知識と理解力を身に付けている。(知識・理解)
          2. 社会や地域の実態を分析し、課題や問題を適切に把握できる力を身に付けている。(技能)
          3. 社会や地域に対する責任を自覚し、文化形成を中心とした多様な問題解決に取り組む姿勢と能力を身に付けている。(態度)
          4. 社会や地域における文化の意義・重要性を深く認識し、状況に応じて、その力を発揮する資質を身に付けている。(思考・判断)
      • 地域政策学科

        • 学則に定められている本学科の「養成したい人材像」にあるように、人格に優れ専門性をもった教養人を養成するという教育方針のもと、本学科では、卒業時に幅広い教養を身に付け、さらにグローバル化の進展と同時に地域への関心が高まっている中で、地域課題の解決にあたっての高度な専門性を身に付けた人材を養成します。

          1. 地域政策に関する基礎的知識と、その応用面である実践的専門能力を身に付け、地域に関わる諸問題をよく理解し、広い視野から取り組む力を持っている。(知識・理解)
          2. 地域をめぐる種々の現代的な課題を多面的に考察し、解決方法を主体的・創造的に考えることができる。(思考・判断)
          3. 地域に対する深い愛着心、高い倫理性、しっかりした社会観察力を身に付け、個人または地域社会の一員として自立した責任ある行動を取る力を持っている。(態度)
          4. 地域の政策課題を発見し、解決方法を提案する力を持っている。(技能)
      • ヒューマンサービス学科

        • 現代社会の福祉課題を発見し、その解決・改善に必要な理念・制度と住民参加の意義を理解し、この実現に必要な社会福祉の役割とあらゆる人々が幸せに生きることをめざす仕組みや支援のあり方を修得した、福祉社会を創造する地域の人材を養成します。

          1. 福祉社会の実現に向けた原理と制度・住民の参加の意義について総合的に理解している。(知識・理解)
          2. 地域における福祉課題を多角的に見出し、その改善・解決の方策を考えることができる。(思考・判断)
          3. ボランタリズムや対人援助の基本や心のケアを実践する態度と技能を身に付けている。(態度・技能)
          4. 卒業論文の作成を通して関連諸科学の知識を生かし、自己と社会の関わりについての認識を深めることができている。(知識・思考)

常磐短期大学

College

本学の建学の精神および学則に示された教育の理念・教育の方針・教育の目的等に基づき、短期大学士としての広く深い教養と専門知識を基礎として、さらに専門性と創造性を高め、人格を磨いていくことができる学生を社会に送り出します。

  1. 現代教養講座とそれぞれの学科専攻科目からなる学習を通じて、しっかりとした職業意識に基づく基礎的職業能力を身につけた自立した学生
  2. 質の高い実践力と責任意識をそなえ、豊かな人間性をもった、創造的で常に成長する学生
  3. グローバル化の中で展開する知識基盤社会において、その問題を捉え、問題の解決に真摯に取り組むことができる情報能力と国際的感覚をそなえた学生
  • キャリア教養学科

    • 本学科は教養とキャリア(職業意識と基礎的職業能力)にかかわる教育研究を通して社会に貢献でき、自己を成長させることのできる、真摯で創造性に富んだ、自立した人間を育成します。卒業時に学生は以下の能力を身につけています。

      1. マナーや異文化理解を含めコミュニケーションの基礎能力が形成されている。
      2. ICTの基礎能力が形成されている。
      3. 幅広い教養に基く基礎的な専門的職業能力を身につけ、問題発見、問題解決能力が形成されている。
  • 幼児教育保育学科

    • 本学科の教育を通して獲得した豊かな人間性および高度な知識と技能を基礎にして、さらに不断に自己研鑽に励むことによって、保育・教育の現場においてコンピテンシーを発揮できると同時に、子どもたちには慕われ、保護者には信頼される保育者を世に送り出します。

      1. 物事を一面的ではなく、多面的な視点で観ることができる。
      2. 子どもたち一人ひとりの個性を把握し、保育・教育活動に反映できる。
      3. 人間関係調整能力を身につけ、誰とでも協働できる。
      4. 保護者に対して育児に関する的確な助言ができる。

常磐大学大学院

Graduate

  • 人間科学研究科
    博士課程(後期)

    • 本研究科は、人間科学の専攻分野について、自立した研究活動を推進し、学術、文化の振興に寄与できる研究者、および高度な専門的知識を身につけて社会の福祉の増進に寄与できる高度専門的職業人を育成します。

      1. 人間科学の専攻分野で創造的な学術的知見を見いだし、自立した研究者または高度に専門的な業務の従事者として社会一般の福祉の向上に貢献できる。
      2. 人間科学の専攻分野と関連領域において、奥深く研究した高度な専門的能力を基礎に、世界的視野で考え、当該分野でリーダーとして問題解決を指導できる。
  • 人間科学研究科
    修士課程

    • 本研究科は、人間科学の専攻分野について、学術、文化の振興に寄与できる研究者、および高度な知識を身につけて社会の福祉の増進に寄与できる専門的職業人を育成します。

      1. 人間科学の幅広い視点にたって人間を理解し、人間に関わる諸問題を世界的視野で捉え、その解決に向けて、研究者として、あるいは専門的職業人として行動できる。
      2. 人間科学の各分野においてリーダーシップを発揮して、人間社会の文化と福利に貢献することができる。
  • 被害者学研究科
    博士課程(後期)

    • 本研究科においては、被害者学の知識を駆使し、単に犯罪被害のみならず、災害等を含めたあらゆる種類の被害と被害者を理解し、支援するための能力を有する人材を育成します。被害者学の高度な知識と応用能力を発揮し社会に貢献できる人を養成します。

      1. 世界的視野に立って、我が国の被害者学を発展させるための高度な知識を有する研究を行うことができる。
      2. 各種被害者の支援等のための政策立案に関わる能力を有し、被害者支援機関等において指導的役割を担うことができる。
      3. 被害者支援の実務に関わる高度な知識を有する専門的職業人として活躍できる。
  • 被害者学研究科
    修士課程

    • 本研究科においては,被害者学の知識を駆使し、単に犯罪被害のみならず、災害等を含めたあらゆる種類の被害と被害者を理解し、支援するための能力を有する人材を育成します。被害者学の高度な知識と応用能力を発揮し社会に貢献できる人を養成します。

      1. 被害者学研究の国際的動向を視野に入れつつ、優れた学識と研究能力を有し、現代社会において指導的役割を果たすことができる。
      2. 被害者の置かれている状況および心情を深く理解し、適切な支援のためのリーダーシッブが発揮できる。
  • コミュニティ振興学研究科
    修士課程

    • 社会のグローバル化と地方分権化の中で、個性的で安定した地域社会を振興・創成するため、学術的に高い視点から地域課題を発見し、関係する機関や人々と密度の高い協働により問題解決を志向できる高度な指導力を備えた人材を育成します。

      1. 専攻領域と関連領域で学修した、コミュニティ振興学に関する高度な専門的能力に基づき、必要な職務遂行と問題解決ができ、地域社会から嘱望される社会的能力を備えている。
      2. 地域社会の多様な指導者として、公共的な能力を有し、公正な態度と倫理感に基づく幅広い教養を身につけ、リーダーシップを発揮できる。