障がいのある学生への支援

障がいのある学生に対する合理的配慮を実践するための基本的姿勢

常磐大学・常磐短期大学は、人間として当たり前の基本的人権および、特に大学にあって学ぼうとする者全員の学習する権利を尊重することを前提とし、とりわけ障がいのある学生に対しても、その障がいの種類を問わず、学ぶことのできる環境を整えることに最大限留意することを確認し、実践します。

支援に係る方針

  1. 障がいのある学生支援のために、その種類に応じた諸環境の整備にできうる限りの努力を払います。
  2. 障がいのある学生は、入学前から入学以後のいずれの時期においても支援を申し出ることができるようにします。
  3. 障がいがありながらもそれを自覚できていなかったり、あるいは支援を受けることをためらっていたりするなどの学生に対して、本人の気持ちを尊重し細心の注意を払いながら、支援を受けることを申し出られるようになる関わりを行います。
  4. 障がいのある学生が各種の支援を求める際にどう行動したら良いのか迷うことのないように、受付窓口の整備をはじめ、明確でわかりやすいかたちを整えます。
  5. 障がいのある学生からの支援要請に対し、迅速かつ的確に応えられる体制を用意します。

支援内容

授業担当教員への配慮依頼の送付 障がいのある学生と面談し、合理的配慮の内容を決定します。所定の用紙に支援や配慮の内容を記入して、学生相談委員会で検討した後に授業担当教員へ配慮内容を知らせます。
試験および課題などへの配慮 試験時間の延長や回答用紙の枠を広げたり、文字を拡大するなどの個別対応を教員へ依頼します。
教室配慮と移動支援 年度当初の履修状況をみて、教室を交換するなどの配慮を行います。また必要があれば、障がいのある学生の移動を支援します。
その他 学生相談委員会では、授業・定期試験に対する合理的配慮の提供、障がいのある学生への支援のため、教職員対象の研修会の実施や学内バリアフリー化の推進等を実施しています。

支援要請

支援を希望する学生は、学生相談委員会委員長あてに所定の用紙で修学支援申請をしてください。

  • 修学支援申請書(様式2)
  • 診断書
  • 障害者手帳(所持している場合)
  • 相談機関の意見書

入学試験時の配慮を希望する方は、アドミッションセンターへ手続きを問い合わせてください。

支援に関する窓口

学生支援センター 障がい支援担当
TEL 029-232-2510
場所 S棟(本部棟地下1階)
開室時間 8:30~17:30 休日祝日は閉室(大学暦により変更あり)