大学院 コミュニティ振興学研究科 修士課程

コミュニティ振興学研究科 修士課程 ≪2016年度学生募集停止≫

研究科の特色

生活、教育、文化、環境、福祉、サービス、政策など、地域社会を構成するあらゆる要素を研究対象としています。4つの領域により、地域づくりへアプローチしていきます。

研究領域

第1領域 地域政策領域

コミュニティ振興に関わる政策が主な研究対象です。政策やコミュニティ・マネジメントの課題に対応した市民と行政のパートナーシップ、真の分権型社会の構築、サスティナブル・コミュニティ(持続可能な地域社会)を実現するためのライフスタイルづくりとそれに関わる環境マネジメント、中心市街地活性化などをめざした次世代型地域創造の、政策的担い手に必要な能力を養います。

第2領域 市民活動領域

ボランティア活動や生涯学習などの市民の活動が研究対象。ボランティア、NPOなど広範囲な分野にわたる活動、活動の場となる施設、活動のコーディネートとマネジメント、将来市民活動の推進力となる青少年の活動等に関する科目を配置し、その現代的意義と社会的機能を考察するとともに、活動の契機・方法・評価等を検証し、併せてその有効性・公益性などについても研究します。従来の学問やコミュニティ活動の領域を超え、生涯学習を通じて、市民、ボランティア、NPOとともに、現実的・具体的な課題解決に向かう実践活動を推進するための理念や方法に精通した、マネジメント能力を有するコミュニティ活動の専門家を養成します。

第3領域 社会福祉領域

コミュニティ福祉マネジメントや福祉臨床心理に関連する分野を総合的、かつ高度に研究する領域です。社会福祉基礎構造改革を経て、居宅支援や支援費制度、そして介護保険への転換に見るように、長年の念願であったノーマライゼーションの原理の具現化は現実のものとなりつつあります。従来の地域福祉、児童福祉、障がい者福祉が中核をなしますが、本領域の第一の特徴として、少子高齢現象に焦点を合わせています。さらにコミュニティ福祉に明るい医学・精神保健や臨床心理学の立場から、多角的なアプローチを第二の特徴としています。

第4領域 ミュージアム領域

教育・文化を創造する場、観光や地場産業など地域産業の育成の場として、ミュージアムがコミュニティ振興の主役を担う時代が到来しています。そのような時代を先取りして、人、モノ、情報が出合う場、コミュニケーションが創造される場をミュージアムと捉え、コミュニティの環境、コミュニティの暮らしやそこでの知の出逢いをテーマに産業に昇華し、そこに集う人々の生活価値をより充実させるミュージアムコミュニティを創造するミュージアム・マネジメントへアプローチすることを、本領域の大きな特徴としています。

カリキュラム

コミュニティ振興学研究科修士課程の科目は、基幹科目および4つの領域から構成されています。主たる専攻領域を中核として、関連領域を広範囲に研究することもできます。

基幹科目

  • コミュニティ振興学研究方法論
  • コミュニティ振興学研究法I
    (地域政策基礎研究)
  • コミュニティ振興学研究法II
    (ボランティア市民活動基礎研究)
  • コミュニティ振興学研究法III
    (福祉政策基礎研究)
  • コミュニティ振興学研究法IV
    (文化財保護制作基礎研究)
  • コミュニティ振興学実務研究
  • 修士論文研究
  • 修士論文特別研究

第1領域(地域政策領域)

  • 政策研究特講
  • 政策研究演習
  • 地域政策特講
  • 地域政策演習
  • 環境政策特講
  • 環境政策演習
  • 農業政策特講
  • 農業政策演習
  • 地方自治特講
  • 地方自治演習
  • 地方行政史特講
  • 地方行政史演習
  • まちづくりと計画特講
  • まちづくりと計画演習
  • コミュニティと法特講
  • コミュニティと法演習
  • 地方政治特講
  • 地方政治演習
  • 地方財政特講
  • 地方財政演習
  • 地域経営特講
  • 地域経営演習

第2領域(市民活動領域)

  • コミュニティ・ボランティア論特講
  • コミュニティ・ボランティア論演習
  • ボランティアコーディネーション特講
  • ボランティアコーディネーション演習
  • 非営利活動(NPO)特講
  • 非営利活動(NPO)演習
  • 生涯学習活動論特講
  • 生涯学習活動論演習
  • 生涯学習施設論特講
  • 生涯学習施設論演習
  • 青少年とコミュニティ活動特講
  • 青少年とコミュニティ活動演習
  • ボランティア学習論特講
  • ボランティア学習論演習
  • コミュニティの安全と科学技術特講
  • コミュニティの安全と科学技術演習
  • コミュニティの言語と文化特講
  • コミュニティの言語と文化演習

第3領域(社会福祉領域)

  • コミュニティ福祉論特講
  • コミュニティ福祉論演習
  • 高齢者福祉論特講
  • 高齢者福祉論演習
  • 障害者福祉論特講
  • 障害者福祉論演習講
  • 児童福祉学特講
  • 児童福祉学演習
  • 福祉・医療特講(精神保健福祉)
  • 福祉臨床心理・精神保健福祉演習
  • 社会保障論特講
  • 社会保障論演習
  • 被害者福祉学特講
  • 福祉臨床心理学特講
  • 福祉政策・計画特講
  • 福祉政策・計画演習
  • 社会福祉発達史特講
  • 社会福祉法制特講
  • ソーシャルワーク特講

第4領域(ミュージアム領域)

  • ミュージアム政策特講
  • ミュージアム政策演習
  • ミュージアム都市特講
  • ミュージアム都市演習
  • ミュージアム・アーカイブ特講
  • ミュージアム・アーカイブ演習
  • デジタルミュージアム特講
  • デジタルミュージアム演習
  • ミュージアム・サービス特講
  • ミュージアム・サービス演習
  • ミュージアム展示工学特講
  • ミュージアム展示工学演習
  • ミュージアム・マネジメント特講
  • ミュージアム・マネジメント演習
  • ミュージアム資料マネジメント特講
  • ミュージアム資料マネジメント演習
  • エコ・ミュージアム特講
  • エコ・ミュージアム演習
  • 文化遺産学特講
  • 文化遺産学演習
  • 観光学特講
  • 観光学演習
  • 美術館学特講
  • 美術館学演習
  • 水族館学特講
  • 水族館学演習
  • ミュージアム・インターンシップ