大学院 人間科学研究科 博士課程(後期)

人間科学研究科 博士課程(後期)

研究科の特色

人間や社会にまつわる諸科学を究める研究科です。生命科学、心理学、教育学、社会学、被害者学、犯罪学、法学、社会福祉学など、人間追究に欠かせない諸科学を集め、学際的、複眼的に人間をとらえることのできる体制を整えています。他大学院修士課程修了者にも適した博士課程(後期)です。

研究領域

第I領域 人間の発達と適応

生命の主体としての個人、人間の発達と行動、そして発達する知的存在として人間を捉えて、生命の根源を探求する生命科学、人間の行動と心の発達を実証的な方法によって解明する基礎心理学と教育心理学や臨床心理学などの応用心理学、人間の成長と発達を促すための視点や方法を理論的・実証的に分析する教育学によって構成され、幅広く科学的に人間に関わる真理を究明します。

第II領域 人間と社会・コミュニケーション

社会学・社会心理学・社会情報学・地域振興・社会福祉・被害者学等の知見を総合して、人間の本質と社会と個人の結合原理を理論的・実証的に研究します。地域社会、集団、組織の機能と構造の解明をふまえてグローバル化している社会の国際比較分析をめざすとともに、社会関係を形成する個人レベルから集団・社会、そして国際社会にいたる人間のコミュニケーション行動を総合的に把握します。

カリキュラム

第I領域(人間の発達と適応)

  • 生命科学特殊研究
  • 生命科学特殊演習
  • 公衆衛生科学特殊研究
  • 公衆衛生科学特殊演習
  • 発達心理学特殊研究
  • 認知心理学特殊研究
  • 認知心理学特殊演習
  • 学習心理学特殊研究
  • 学習心理学特殊演習
  • 臨床心理学特殊研究
  • 精神医学特殊研究
  • 教育学特殊研究
  • 教育学特殊演習
  • 教育心理学特殊研究

第II領域(人間と社会・コミュニケーション)

  • 社会学特殊研究
  • 家族社会学特殊研究
  • 家族社会学特殊演習
  • 地域社会学特殊研究
  • 地域社会学特殊演習
  • 産業・労働社会学特殊研究
  • 産業・労働社会学特殊演習
  • 社会心理学特殊研究
  • コミュニケーション特殊研究
  • コミュニケーション特殊演習
  • 情報と社会特殊研究
  • 情報と社会特殊演習
  • 被害者学特殊研究
  • 被害者学特殊演習
  • 地域振興特殊研究
  • 地域振興特殊演習
  • 地域福祉特殊研究
  • 地域福祉特殊演習

共通

  • 人間科学研究法
  • 博士論文研究
  • 博士論文特殊研究