国際学部 経営学科

経営学科第5期生の優秀者に「経営学科賞」と「経営学科長賞」を授与

2016年3月21日(月)

卒業式が開催された3月21日に、卒業する経営学科の第5期生に、経営学科独自の「経営学科賞」と「経営学科長賞」を授与しました。

経営学科では、学科独自に「経営学科賞」と「経営学科長賞」を設け、卒業式の式典終了後に行われた学科別の卒業証書授与会場にて、受賞学生に授与しています。

これらの賞は、学科内での成績優秀者および特筆すべき活動を行った学生個人またはグループを顕彰したいとの経営学科教員の提案をきっかけに、第2期生から開始しました。第5期生の受賞者は以下の7名です。

(成績優秀者)

経営学科最優秀賞 宮本 夏妃 さん
経営学科優秀賞  伊藤 聡香 さん
経営学科優秀賞  関 佳祐 さん

なお、最優秀賞の宮本さんは、成績第1位であることに加えて、第10回日銀グランプリ「優秀賞」および第3回常陽ビジネスアワード「J-カレッジ賞」を受賞し、資格試験でも日商簿記3級、外務員正会員試験二種、経営学検定初級に合格して、念願通り金融機関の総合職への就職を決めたことも受賞理由です。

(特筆すべき活動を行った者)

経営学科長賞 堀江 亮 さん

(ビジネス専門実習(経営・マネジメント分野)にて優秀な起業プランを作成するとともに、基礎ゼミナールにて最優秀プレゼンに選出された店舗プランを実際に2年連続でときわ祭に出店した成果に対して)

経営学科長賞 東條 匠 さん

(ビジネス専門実習(商業・マーケティング分野)の京成百貨店との産学連携プロジェクトのサポート学生リーダーとして下級生を支援した成果に対して)

経営学科長賞 鈴木 淳那 さん

(財務・会計分野の学びを生かして、日商簿記3級、そして経営学検定初級に合格して、念願通り金融機関への就職を決めた成果に対して)

来年度以降も、卒業する経営学科学生を対象に数名の受賞者を決定していきます。


第5期生の経営学科賞受賞者たち