国際学部 経営学科

「マーケティング実習」で8月21日「常磐大学×水戸ホーリーホックコラボデー」のイベント提案中間報告会を開催

2016年5月25日(水)

5月25日に、今年で7回目となる「常磐大学×水戸ホーリーホックコラボデー」(8月21日(日)、ケーズデンキスタジアム水戸で開催予定)の集客イベントを担当する「マーケティング実習」(北根精美教授・村中均准教授担当)の履修学生たちによるイベント提案中間報告会が、本学関係者と水戸ホーリーホックのスタッフ3名に出席していただき、開催されました。

集客につながり、来場者に楽しんでもらえるようなイベントをコンセプトに、サッカーゲームイベント、スタンプラリー、塗り絵作成イベント、SNSを利用するペイントシールイベント、クイズイベントなど、9つのチームからイベントが提案されました。

発表後には各イベントについての質疑・応答を行いました。ホーリーホックの方からは「どのイベントも実施可能なイベントである」「クラブのイベントとして実施したいものがあった」「よりよいイベントにするために、参加の仕方をさらに検討してもらいたい」という講評をいただきました。学生からは「水戸ホーリーホックの方からアドバイスしていただいたことを取り入れて、よりよいイベントにしたい」「ゲストの前での発表は初めてで、とても緊張したが、良い経験になった」という感想がありました。会の最後には、コラボデーに向けて一致団結して取り組んでいくことを目的に、参加者全員で「FC水戸」というコールを行いました。

今後は、チーム内での担当や必要な物品や調達方法、プロモーション活動などについて検討し、イベントの準備を行っていきます。


プレゼンテーションの様子

参加者全員による「FC水戸」コール