国際学部 経営学科

「知財活用アイデア全国大会2016」の第1回ブラシュアップ会が常磐大学で開催

2016年7月21日(木)

7月21日に「知財活用アイデア全国大会2016」に向けた第1回ブラシュアップ会が常磐大学で開催されました。

「知財活用アイデア全国大会」についてのキックオフイベントについては6月15日付の経営学科ニュースで紹介しました。

キックオフイベントから約1ヵ月後となったこのブラシュアップ会には、知財の提供会社である富士通の広瀬勇一様、茨城県大会の主催者であるつくば銀行の齋藤昇様のほか、茨城県中小企業振興公社・知財総合支援窓口・特許流通コーディネーターの笛木重信様、茨城県中小企業振興公社・よろず支援拠点・コーディネーター(技術全般)の鷲尾善一様、茨城県商工労働部いばらきサロン・工業技術センター(つくば研究支援センター内)主任研究員の小林哲也様、日立地区産業支援センター・チーフコーディネーターの田中正浩様、同・コーディネーターの日紫喜雅信様が来られました。

ブラッシュアップ会に参加した学生は、人間科学部の寺島ゼミナールの1チームと経営学科の村山ゼミ3年生の2チーム。学生たちは外部の専門家の方々の前での発表のため、緊張しながらもパワーポイントを駆使した堂々としたプレゼンテーションを披露しました。専門家の方々からは、学生らしい斬新なアイデアに対して称賛してただきました。その一方で、実用化に向けてアイデアをさらに深堀りしてもらいたいとのアドバイスをいただきました。

今後の予定は以下の通りです。
 9月   県内の企業訪問
 10月   第2回ブラシュアップ会
 11月5日 茨城県大会の開催(つくば銀行本店,つくば市)