国際学部 経営学科

交換留学生との日光ツアーに参加

2016年10月15日(土)

10月15日、常磐大学に来訪している交換留学生全員と常磐大学の在学生が参加する日光ツアーが今年も国際交流語学センターの主催で開催され、経営学科の学生と学科長が参加しました。

常磐大学では毎年、秋セメスターに交換留学生がアメリカ、カナダ、タイから来訪し、2016年度には14名が滞在中です。交換留学生たちは留学生寮に滞在し、日本人学生2名が留学生1名と同室となり、相互交流を行っています。交換留学生たちは日本語の授業などを履修して単位を取得するほか、TA(ティーチング・アシスタント)として英語教育の支援なども行っています。

この日は、引率は国際学部英米語学科の教員となったKevin McManus助教が引率し、英米語学科など学生5名がファシリテター役となって、日光周辺の名所を巡りました。また、経営学科長の村山元理教授も参加し、引率兼ガイドを担当しました。

ちょうど紅葉のベストシーズンなため、いろは坂の混雑をさけ、はじめに中禅寺湖・男体山の見学をしました。戦場ケ原でランチをとり、華厳滝を見学。最後に日光東照宮を参観できました。

このツアーの参加者は38名。そのうち国際学部からは経営学科4名、英米語学科14名の学生が参加しました。


中禅寺湖でグループ写真

村山教授と経営学科1年の4名

華厳滝にてグループ写真

経営学科1年の4名と交換留学生