総合政策学部 総合政策学科

地域を元気にする政策を市民や公務員の立場から立案できる能力を養います

社会の営みと政治・経済との関係をはじめ、文化、環境などの諸政策について幅広く学修します。さらに地方創生や観光ビジネスについても学んでいきます。

学びの特色

  1. 文化資源をみつけて発信する
    地域を歩き、地域のたからものを発見・記録し、発信することで、地域の活性化を実践的に学修します。さらにデジタル・アーキビストの学習を通じて文化資源を記録として残していく手法も獲得できます。
  2. 問題解決型で学ぶ
    地域課題を実践的に解決するスキルを学ぶため、グループワーク、フィールドワーク(学外実習)、プレゼンテーション、ディベートなど学生主体の問題解決型の演習を通じ、「政策立案能力」を育成します。さらに、さまざまなプロジェクトを通じて、政策立案能力を活用し、地域社会に発信し貢献します。
  3. 地域活性化に参画する
    実際に自治体や生活者と連携し、「政策提言」等を行う機会があります。また、まちづくりイベントやボランティアに参加し、地域の生活者との交流・議論を交わすことで解決に向けた未来志向の案を考え出します。
  • 学科基本科目
    法学、政治学、行政学、経済学などの政治経済の基礎を学びます。
  • 政治行政分野
    行政法、文化政策、環境政策などの諸問題への対策・対応を学びます。
  • 地方創生
    市民活動、NPO・NGO経営論など、男女共同参画のまちづくりを学びます。
  • 経済経営分野
    経済政策概論、金融政策、財政政策など経済の舵取りを学びます。
  • 観光
    地域観光概論、観光ビジネスなど、文化資源を生かした観光を通じたまちづくりを学びます。
  • 総合政策演習、ゼミナールなど
    地域における問題点の解決・地域資源を活かしたまちづくりの施策を立案し、実践的に学修します。

教員メッセージ

地域を見つめ、地域で学び、地域に貢献します

塩 雅之 教授
専門:情報科学

総合政策学科では、地域における諸問題を解決する・地域資源を活かし地域を活性化するといった地域についての施策を立案する能力を養います。さらに、立案した施策を学外でのさまざまな活動を通じて実現していくことにより、実践的な学修を行います。公務員だけでなく、民間企業や団体などの職員として、地域についての施策を立案し、実践できるリーダーやサポーターを養成します。

取得できる免許・資格

  • 司書

    公立図書館などで専門職員として働くための資格。希望により公共図書館での実習も受けられます。

  • 学芸員

    博物館等で資料の収集、保管、展示、調査・研究、教育普及活動などを行うための資格です。

  • 社会教育主事 ※

    社会教育関係者に対して、専門的・技術的な助言と指導を行うための資格です。

  • デジタル・アーキビスト(受験資格)

    【NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構資格】
    文化資料等のデジタル化や著作権を理解し、文化情報の収集・管理・保護などを行う資格です。

  • ISO14001内部環境監査員(研修による取得)

    企業や自治体において、ISO(国際標準化機構)が定める環境マネジメントシステムの運用確認を行います。

※公務員試験に合格し、それぞれの施設に採用された場合に有効となる資格です。

めざす進路

政治行政分野
地方公務員 (市町村行政職/都道府県行政職)
経済経営分野
一般民間企業、コミュニティビジネス経営者
地方創生分野
NPO法人・団体職員、ボランティアコーディネーター
観光分野
旅行代理業、観光ビジネス