コミュニティ振興学部 コミュニティ文化学科

ゼミナール紹介

注目のゼミ

ふるさとプロジェクト 夢と感動を探しだし、デザインする
ふるさとの宝物を本にし、小さいライブラリーをまち中につくる

塚原 正彦 ゼミナール

教授
専門:ミュージアムマネジメント、地域資源学、社会デザイン

「好奇心はいつだって、新しい道を教えてくれる」ウォルト・ディズニーのことばを胸にきざみこんで、世界中のふるさとを舞台に、誰もが夢を持つためのお手伝いをするシゴトに挑戦するのが私のゼミの使命です。「星の王子様」とカメラを片手に持って、みんなで、「目にみえない大切なもの」を探す冒険に出かけてみませんか。なつかしい風景に出会い、人とつながり、幸せを感じることができます。旅をした学生が持ち帰ってきたたくさんの感動を編集し、一冊の本「ふるさと遺産」ができました。この本は、日本地域社会研究所という出版社から刊行され、全国の書店や図書館に並んでいます。

退屈な博物館や図書館のイメージをくつがえし、みんなが楽しく学び、交流する場に変えるシゴトをしてみませんか。駅、ホテル、病院、公園など人が集まるスポットに数冊の本を持ち込むだけで、雰囲気が一新され、人と人が結びつきます。あなたがつくった「まちの風土記」と「夢を探す本棚」に、「季節のお菓子」を持ち込めば、人をわくわくさせる学びと交流の場に生まれ変わります。私たちの学科は、地域資源をテーマに夢のデザインを学ぶ日本でたった一つの学科です。全国からシゴトが持ち込まれてきます。自治体や企業と対等にシゴトをして、あなたを磨いてみませんか。

■ふるさとプロジェクトのチーム紹介

ゼミナール(ふるさとプロジェクトに参加する学科の教員)ふるさとプロジェクトのチームを担当する教員を紹介します。

地域をデザインする「シゴト」

伊藤 真木子 ゼミナール

助教
専門:生涯学習、社会教育

地域をデザインする「シゴト」の現場第一線で活躍する人たちを取材し、記事にしていきます。取材を重ね、自分が将来どんな「シゴト」をしたいのか考え、それを表現する力を培います。地域文化を創出・伝承する人を育てます。

卒業論文テーマ例
  • 生涯学習支援者をとりまく現状と課題/
  • 社会教育施設における連携のあり方/
  • 不登校に関する社会教育施設の取組/
  • 心のケアに取り組む社会教育事業の意義と可能性/
  • 住民参加型イベントによるまちづくり/
  • 生涯学習と演劇/
  • 今必要な平和教育とは

人や地域の記録をどのように残していくか?

町 英朋 ゼミナール

准教授
専門:ソフトウェア工学、形式的検証

個々人の日々の記録や地域のさまざまな資源をデジタルアーカイブとして活用することは、インターネット接続や関連サービスの充実に加えてスマートフォンやタブレット端末などの普及を足掛かりに、老若男女問わず特別なことではなくなってきています。デジタルアーカイブされた情報をどのように管理し残していくかを考えていきます。

卒業論文テーマ例
  • デジタルアーカイブの進む博物館・図書館/
  • 日常的データにおける長期保存に関する考察/
  • 人のライフスタイルと音楽媒体の移り変わり/
  • インターネット音楽配信の現状と可能性

デジタルコミュニケーションを活用した作品製作

塩 雅之 ゼミナール

准教授
専門:情報科学

旅をして集めてきたコンテンツで、Webを活用し、ふるさとギャラリーやバーチャルミュージアムを製作します。デジタルアーカイブを学び広告や出版活動で活躍できる人を育てます。

卒業論文テーマ例
  • 弘道館デジタルアーカイブプロジェクトサイトのウェブデザイン/
  • Flashによる鯨ヶ丘 商店街バーチャルマップの制作/
  • Flashによる簡易更新可能な写真ウェブギャラリー の製作/
  • コミュニティ振興学部ページのCSSによるWebデザイン

デジタルアーカイブとミュージアム

坂井 知志 ゼミナール

教授
専門:生涯教育、デジタル・アーカイブ

写真の機材を持って、地域文化の記憶を記録する旅をして、沖縄や東日本大震災の被災地でデジタルアーカイブに挑戦します。教育専門公務員をめざす人を育てます。

卒業論文テーマ例
  • アニマルセラピーが与えるもの/
  • 少年非行と矯正施設/
  • 福祉施設の現状とレクリ エーションのあり方