コミュニティ振興学部 ヒューマンサービス学科

福祉社会の実現に向けて豊かな人間性を培い、幅広い専門性を身につけます

ヒューマンサービスとは、人の命と生活を大切にする、広い意味での「福祉」を指します。さまざまな社会資源の開発が行われているアメリカで使われている用語です。福祉国家を世界に知らしめたイギリスでは社会サービスともいいます。本学科では、茨城という地域を大切にしながら、世界の動向も視野に入れた多角的な「福祉」を学びます。

学科の特色

  • 1.福祉・心理・ボランティア 3つの専門を学びます
    人が生きることに直接関わる学術「社会福祉」「福祉臨床心理」「ボランティア・ 市民活動」を、それぞれの連動性を視野に入れながら学びます。複数の専門を学ぶことで多角的にものごとを考える力が身につきます。学生一人ひとりの個性が大切にされます。
  • 2.フィールドワークを重視し、総合力を醸成します
    理論と実践をつなぐプログラムとしてフィールドワークを丁寧に行います。コミュニティで出会う専門職、行政職、経営者、市民リーダー、当事者の方々との交流から、問題発見力、情報処理力、立案力、企画調整力、行動力、人間洞察力を習得します。
  • 3.ソーシャルワーカーへの道が開けます
    法に定められた所定の科目を単位取得すると、日本のソーシャルワーカー、社会福祉士国家試験受験資格が得られます。少子高齢社会が進むとともに社会が複雑化している現在、ますます活動分野が広がり、需要が高まっている相談援助の専門職です。

学びの具体例

超高齢社会と少子社会の活力

高齢者は私たちにつながる社会の財産です。子どもは守られ、健やかに育てられるべき存在です。社会変動の激しい時代にあっても、誰もが安心して暮らし続けることのできる総合的な生活支援システムを、専門機関に赴き具体的に理解します。

ユニバーサルデザインのまちづくり

福祉社会は都市計画や社会政策と密着しています。子ども、疾病・障がい者、高齢者、在住外国人、一人暮らしのほか、どのような属性にあろうと居心地のよいコミュニティとはどのようなものか、先進地を訪問するなどし、その設計を考えます。

福祉マインドの創造

現代のキーワードのひとつに「共生」があります。「福祉」の観点はまさに「共生」の具体化です。企業経営、産業開発、文化の振興、災害復興、行政の運営、市民自治。さまざまなところで培われている新鮮なヒューマンサービスを発見します。

私の学び

拡大する「福祉」の時代を多角的に追及する、ミトナルマナビ。

福祉は社会科学であるとわかりました。相談援助は奥が深いです。

金田 あづさ[4年]
茨城県/太田第一高等学校 出身

福祉系の専門学校を卒業してから、改めてヒューマンサービス学科で学ぶことにしました。それまでの福祉のイメージは大学で学ぶことによって大きく変わりました。例えば、高齢者の介護問題の背景には家族問題、経済問題、人権問題、雇用政策、住宅政策、都市計画など、さまざまな事柄が関わっていて、その解決には政策と運営、実践が複雑に絡み合い、一様なアプローチでは通じないことを知りました。ケースワーク、グループワーク、コミュニティワークといった相談援助技術をどのように連動させればよいかなど、ケース検討の授業は回を重ねるほど意見交換が活発になり、自分たちに力がついてきていることを実感します。

自分たちの未来予想図を豊かにつくる心意気が楽しみです。

西田 恵子 教授
専門:社会福祉学・地域福祉論

社会福祉士、臨床心理士、医師、教諭などの専門資格や実践経験を持つ教員たちは、学生に相談対象者、福祉サービス利用者、市民一人ひとりの生きていく重みを伝えることをとても大切にしています。現実は単純な理想論では終わらないことを胸において、学生が自身で考え、さまざまな発想を生み、行動することを促しています。

取得できる免許・資格

  • 社会福祉主事 ※1

    福祉事務所において、福祉サービス利用者の相談に応じるために必要な資格です。

  • 児童指導員 ※2

    児童福祉施設で、生活指導や学習指導、生活上のアドバイスなどを行うために必要な資格です。

  • 教育職員免許状

    高等学校教諭一種免許状(福祉)

  • 司書教諭

    小中高の教員として勤務する者が、学校に設置された図書館で専門的な職務を行うための資格です。

  • 司書

    公立図書館などで専門職員として働くための資格。希望により公共図書館での実習も受けられます。 。

  • 学芸員

    博物館等で資料の収集、保管、展示、調査・研究、教育普及活動などを行うための資格です。

  • 社会福祉士国家試験受験資格

    ※社会福祉士とは…1987年「社会福祉士および介護福祉士法」に定められた相談援助の専門資格です。海外ではソーシャルワーカーと呼ばれ、高い専門性が求められる職業です。日本においては厚生労働省が主宰する国家試験に合格し登録した人だけが名乗ることができます。児童福祉、障がい者福祉、高齢者福祉、医療福祉の領域だけでなく、近年は司法福祉、就労支援など活躍する場が広がっています。

  • 社会教育主事 ※3

    社会教育関係者に対して、専門的・技術的な助言と指導を行うための資格です。

※1.社会福祉法に定められた科目を修め、都道府県知事または市町村長から任用されて発効する資格です。

※2.児童相談所や児童福祉施設等で児童の自立促進や生活指導等の援助を行う任用資格です。

※3.定められた単位を修得し課程を修了したのち、1年以上社会教育主事補の職務に従事する必要があります。

めざす進路

行政・公共サービスの分野
国家公務員、地方公務員
医療の分野
医療ソーシャルワーカー、病院職員、医療機器関連企業社員
教育の分野
高等学校教諭(福祉)、社会教育主事
福祉の分野
ソーシャルワーカー、コミュニティワーカー、相談員、児童福祉施設職員、障がい者支援施設職員、高齢者福祉施設職員、福祉施設経営者、福祉関連企業社員
経営マネジメントの分野
営業・販売、プロジェクトリーダー、起業

ヒューマンサービス学科の就職実績(2014年度卒業生)

業種

主な就職先

茨城県厚生農業協同組合連合会/公益財団法人筑波メディカルセンター病院/日本赤十字社茨城県支部/社会福祉法人茨城補成会石崎学園/社会福祉法人上の原学園/社会福祉法人翠清福祉会/医療法人筑波記念会筑波記念病院/社会福祉法人ひたちなか市社会福祉協議会/社会福祉法人勇成会/特定非営利活動法人喜友会/北水会グループ/ウルノ商事株式会社/トヨタ部品茨城共販株式会社/茨城ダイハツ販売株式会社/株式会社カスミ/岡三証券株式会社/笠間市役所/鉾田市役所

ときわんこらむ

社会福祉士課程の充実〜プロフェッショナルへの道

「人を支えたい」という素朴な思いをキャリアや自身の生活設計に具現化するため、本学科では多様なプログラムを用意しています。そのひとつに毎年、茨城県社会福祉協議会と共催している「福祉のしごとシンポジウム」があります。

社会福祉士がどのように地域社会で求められているか、人と関わる仕事の魅力はどこにあるか、専門資格があることとないこととでは何が違うのか、興味深い話が交わされます。シンポジストには社会福祉士として活躍する卒業生が多数登場しますので、学生が自分たちの将来像をリアルに描くことができます。

本学は茨城県社会福祉協議会(県社協)と2014年2月に包括連携協定を結びました。県社協が大学と協定を結ぶのは茨城県内では初めてのことです。産学協働の福祉推進が期待されます。

詳しい情報

コミュニティ振興学部さらに詳しい ヒューマンサービス学科の情報は、 コミュニティ振興学部の運営するウェブサイト、およびヒューマンサービス学科が運営するウェブサイトをご覧ください。

コミュニティ振興学部 運営ウェブサイト

ヒューマンサービス学科 運営ウェブサイト