コミュニティ振興学部 ヒューマンサービス学科

授業ダイジェスト

クローズアップ授業

『児童福祉論』

近江 宣彦 准教授

「子どもの最善の利益」について考察する

子育てを支援するための施策や保育などのニーズ、児童虐待、少年非行、不登校、障がいを持つ子どもたちなど、支援が必 要な子どものニーズを把握します。そのうえで、施設に入所が必要な子どもがどのように日々を過ごし、どのように職員と関わりながら社会的な自立をめざしているのかを詳しく説明します。また、現在の児童福祉の制度が子どもや家庭のニーズに合うメニューに整っているかについても検討します。授業で取り上げた事項はリアクションペーパーにまとめ、何が問題で、何が解決策につながるのか、何が制度の中で不足しているのかなどの問題意識を共有するようにしています。

私のおすすめ授業

『社会福祉原論T・II』

松本 瑠衣[2年]茨城県/水戸第三高等学校 出身

子どもの貧困、女性の貧困、就労、教育、司法と福祉

この授業では「社会福祉とは何か」を常に問われます。はじめに社会福祉が形成されてきた歴史を、イギリスを例にたどり、そのうえで日本に固有の展開について理解を深めます。この過程で、社会福祉がない時代や社会の困難を具体的に知り、現代社会に社会福祉が欠かせないこと、そして私たちの身の周りにはたくさんの社会福祉の問題があることを知ります。これまで社会福祉というと障がい者や高齢者のイメージが強かったのですが、若者の貧困、子育て環境の貧困、孤立など社会関係の貧困など、新たな視点を備えることができるようになりました。

理論を知ることの大切さと考察力、構想力

授業にはさまざまな素材が使われます。教科書をペースメーカーにしながら、DVDでドキュメンタリーを見たり、当事者の方の手記を読んだり、法律の条文を読解したり、統計資料を自分たちなりに分析したりします。先生から出されたテーマを自分たちで調べてグループ発表をすることもあります。先生は私たちに社会福祉の普遍性と固有性を理解することを一貫して期待しているように感じます。おかげで以前には司法や就労や教育など異分野だと思っていたものが、生活支援や総合性というキーワードで連動して考えることができるようになりました。

科目紹介

地域福祉論I・II

高齢者、疾病・障がい者、子ども、在住外国人など、さまざまな福祉ニーズを持つ人々が生活する地域は、問題が発生する場であるとともに、その問題を解決する場でもある。人を支える社会資源が、地域でどのようにつくりあげられていくのかを学ぶ。

児童心理学

子どもは、どのようにして自分の置かれた世界を認識しているのだろう。他者の心を理解する能力は、いつ頃から育っているのだろう。児童心理学の今日的課題である不登校や発達障がいなどについても取り上げながら、子どもの心理について考えていく。

社会福祉実習指導I

社会福祉士になるには、社会福祉士国家試験受験資格を得なくてはならない。そのために必要なのが福祉現場などでの実習だ。社会福祉施設・機関、病院などでの実習に先立ち、自分の問題意識に基づく実習計画をたてるとともに、専門職としての態度や利用者理解をはかる。

障害者福祉論

障がいの定義、障がい者観の変遷、障がい者の現状と課題、関連する法制度や施策、理念や原理、実践活動事例等を包括的に学び、社会福祉の一領域としての障がい者福祉を体系的に理解する。社会の現実と今後のあるべき姿を、障がい者の方々から学ぶ。

ボランティア学習論

ボランティア活動は他者との関わりを通して人間としての成長を遂げる機会として注目を集めている。ボランティア学習の現状と課題、地域社会におけるボランティア活動の教育的意義について、ボランティア活動や体験の事例を踏まえつつ検討する。

社会福祉援助技術演習III

相談援助に必要なチームアプローチ、ネットワーキング、社会資源の開発に焦点をあて、具体的な場面を想定して学生自身が考え、相談援助者としての応用力を養う。社会福祉の機関・施設内の援助の中で必要とされるコーディネート力を身につける。