コミュニティ振興学部 地域政策学科

私の就職活動

インターンシップでの経験で公務員希望を決定に

白土 絵利華[4年]
大洗町役場内定
茨城県/水戸第三高等学校 出身

高校時代から漠然と「地元茨城県の役に立つ仕事に就きたい」と考え、地域政策学科に進学しました。公務員を志望した動機は、 2年生の時に体験したインターンシップでした。偶然、今回内定をいただいた大洗市役所に派遣され、短い期間でしたが職場体験をする機会が得られました。その過程で職員の方々の地元愛と住民の方々への丁寧な対応を目にし、感銘を受け、アットホームな職場の雰囲気や普段は見る機会のない窓口以外の業務にも興味が湧き、就職先を公務員志望に決め、学内の公務員講座を受講し、自治体との連携を積極的に行っている砂金ゼミに所属しました。

ゼミでの経験を活かし公務員の夢を実現

ゼミでは、茨城町と連携してさまざまなボランティア活動や、政策提言、立候補者討論会のコーディネートなど、学外での活動を積極的に経験しました。これらの経験を面接でも積極的にPRした結果、念願の公務員に合格することができました。また、学科開催の公務員模試では、砂金先生に着実に学力を伸ばしていただくとともに、履歴書の添削や面接指導、さらには、就職活動時には精神的に支えていただき、夢を叶えることができました。 これからは、地域政策学科で培った経験を活かして、大洗町を元気にする仕事をしていきたいと思っています。