人間科学部 現代社会学科

現代社会の成り立ちへの理解を深め、地域や福祉の現場で活躍できるリーダーをめざします

社会学的な観点から、人間が生きる世界・人々が幸せに生きるための仕組みを学び、現代社会の中で生き抜く力を備え新たな社会を創造することのできる人材を養成します。多様な社会の現実とその課題への対応策を考える「社会学領域」と福祉社会の実現に向けて豊かな人間性を培い幅広い専門性を身につける「社会福祉領域」があります。

学びの特色

  1. 「社会学領域」「社会福祉領域」を専門的に学べるカリキュラムで、学生の能力を段階的に引き上げていきます
  2. 演習や実習、グループワークを通して「社会を持続していくためのメカニズム」や「他者との共生」を実感し、問題を解決する力につなげます
  3. フィールドワークを重視した学びにより、学生たちが地域の課題を掘り起こし、寄り添い、解決に取り組む、理論と実践を兼ね備えた「総合力」を醸成します

社会学領域

  • 地域社会
    都市・農山漁村。それぞれの地域が抱える課題とその対策を考えます。
  • 家族
    家族の現状にアプローチし、新たな家族の在り方とサポートを考えます。
  • 犯罪・災害と被害
    安心・安全が脅かされたら…。犯罪・災害への対策と、その被害からの回復を考えます。
  • 社会調査
    現代社会を客観的にとらえる手法である社会調査。その技法の習得をめざします。

社会福祉領域

  • 福祉社会
    こども、疾病・障がい者、高齢者、在住外国人、一般市民、誰もが幸福に生活できる仕組みを考えます。
  • 社会福祉士
    相談援助の国家資格受験資格を厚生労働省の定めにより取得します。教員主宰の受験勉強会も活用します。
  • 相談援助技術
    ケースワーク、グループワーク、コミュニティワークなど、問題に合った支援の方法を学びます。
  • 福祉臨床心理
    援助の場で向かい合うクライエントや住民の心の特徴を理解するとともに、自分自身を知ります。

教員メッセージ

社会調査のスキルを身につけて、現代社会のさまざまな問題に取り組もう

水嶋 陽子 教授
専門:家族社会学、社会老年学

現代社会学科の特長は、学びの幅が広いこと。家族や地域、職場など身近なものから、社会福祉や外国籍住民への対応、環境問題など、幅広い領域を対象にします。それらの中から興味あることを見つけ、学びを深める中で、自分の将来を具体化していきましょう。また本学科が力を入れるのは、社会調査のスキル、つまりデータを集め、分析をして結論を導く能力、を身につけること。社会調査の能力は、あなたが職業人となったとき、大きな強みになるものです。

取得できる免許・資格

社会学領域

  • 教育職員免許状

    中学校教諭一種免許状(社会)
    高等学校教諭一種免許状(公民)

  • 社会調査士

    【一般社団法人社会調査協会認定資格】
    社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向等を捉えることのできる能力を認定する資格です。

  • 社会調査実務士

    【一般財団法人全国大学実務教育協会認定資格】
    政策の立案や、企業のマーケティング、商品開発などに欠かせない社会調査の実務に関わる資格です。

社会福祉領域

  • 社会福祉士国家試験受験資格

    日常生活を営むのに支障のある人々の相談にのり、助言や指導を行うための資格です。

  • 社会福祉主事 ※

    福祉事務所において、福祉サービス利用者の相談に応じるために必要な資格です。

  • 児童指導員 ※

    児童福祉施設で、生活指導や学習指導、生活上のアドバイスなどを行うために必要な資格です。

両領域共通

  • 司書教諭

    小中高の教員として勤務する者が、学校に設置された図書館で専門的な職務を行うための資格です。

  • 司書

    公立図書館などで専門職員として働くための資格。希望により公共図書館での実習も受けられます

  • 学芸員

    博物館等で資料の収集、保管、展示、調査・研究、教育普及活動などを行うための資格です。

  • 社会教育主事 ※

    社会教育関係者に対して、専門的・技術的な助言と指導を行うための資格です。

  • 社会調査アシスタント

    【一般財団法人全国大学実務教育協会認定資格】
    政策の立案や、企業のマーケティング、商品開発などに欠かせない社会調査の実務に関わる資格です。

  • 実践キャリア実務士

    【一般財団法人全国大学実務教育協会認定資格】
    キャリアデザインやキャリアプランニング、それらにともなう能力開発についての知識・技能を習得し、幅広い知識・技能を活用しながら、チームで課題を解決する能力を身につけます。

※公務員試験に合格し、それぞれの施設に採用された場合に有効となる資格です。

めざす進路

行政・司法・公共サービスの分野
国家公務員、地方公務員行政職、警察官・消防士、家庭裁判所調査官、法務教官、司書、消費生活アドバイザー
企画・経営の分野
銀行・証券会社、保険会社、農業協同組合、生活協同組合、社会福祉法人、医療・福祉関連企業
福祉の分野
ソーシャルワーカー、社会福祉協議会職員、福祉事務所相談員、児童相談所相談員、児童自立支援施設職員、児童養護施設生活指導員、児童福祉施設職員、障がい者支援施設職員、高齢者福祉施設職員
医療の分野
医療ソーシャルワーカー、精神保健相談員、医療事務
教育の分野
中学校教諭(社会)、高等学校教諭(公民)、社会教育主事

現代社会学科の就職実績(2015年度卒業生)

業種

主な就職先

茨城県警察本部/新潟県警察本部/三鷹市役所/ひたちなか市役所/茨城県信用組合/株式会社筑波銀行/水戸信用金庫/常磐火力産業株式会社/株木建設株式会社/積水ハウス株式会社/株式会社旭物産/鹿島臨海鉄道株式会社/常洋水産株式会社/茨城いすゞ自動車株式会社/茨城トヨタ自動車株式会社/ウエルシア薬局株式会社/株式会社カスミ/ネッツトヨタ水戸株式会社/茨城保健生活協同組合城南病院/新ひたち野農業協同組合(JA新ひたち野)/常陸農業協同組合(JA常陸)