常磐大学

常磐大学

新時代の大学教育を予見して開学。相互に連携しながら、それぞれの専門性を追究する3学部。

常磐大学常磐大学は1983(昭和58)年に開学しました。社会のあちこちで、たとえば学校における「いじめ」の問題など、従来に例のない人間関係や社会の歪みが表面化しはじめた当時のことです。しかし、まだ、それを社会の変容の前兆として深刻に受け止めるケースはまれで、学問の体制も、相変わらず先鋭化、細分化を続けていました。そのような時代にあって、常磐大学は、旧来の学問の枠を取り払い、人間の本質に迫る学際的なカリキュラムを編成して人間科学部を創設。未来を展望した大学の在り方に一石を投じました。

21世紀を迎え、人間を取り巻く社会や環境はもとより、人間自身も混迷のなかにあります。人間を科学的な手法と思考で捉え直し、その英知を社会に還元する人間科学の追究が、いま正に求められています。

開学以降、1996(平成8)年には国際学部を、2000(平成12)年にはコミュニティ振興学部を設置。2008(平成20)年には全学的な学科改編を実施しました。それぞれ時代の要請を具体化して、国際社会、地域社会に貢献できる人材を育成できるカリキュラムの展開をしています。

また、3学部とも、社会を構成し科学を開拓する「人間」を核に据えた高いレベルでの人間教育をめざしており、幅広い教養を養う「総合講座」などのフレキシブルな科目も豊富にそろえています。

人間科学部 心理学科(定員90名)
教育学科 (定員40名)
現代社会学科(定員80名)
コミュニケーション学科(定員80名)
健康栄養学科(定員80名)
国際学部 経営学科 (定員70名)
英米語学科(定員60名)
コミュニティ振興学部 コミュニティ文化学科 (定員60名)
地域政策学科(定員60名)
ヒューマンサービス学科 (定員80名)