国際学部 英米語学科

真のコミュニケーション力と高度な語学スキルを養います

高度なグローバル化が進む現代社会において、単にビジネスの現場などで英語を使いこなすだけではなく、 言語の背景にある文化や歴史を理解した上で、国際社会における自らの立場を認識しながら、 内容豊かなコミュニケーションが実践できる人材を養成します。

学びの特色

  1. 「言語学の分野」「英米文学の分野」「英語コミュニケーションの分野」「異文化理解の分野」の4分野をバランスよく学びます
  2. 少人数制の演習科目で、学生一人ひとりのレベルに合わせたきめ細かな指導を実現しています
  3. 最新のCALL機器を利用し、マルチメディア教材やコンピュータ支援の学習プログラムを活用しています

ゼミナール

自分の研究テーマを絞りこみ、より深く考察します。指導教員のもと、英文で卒論にチャレンジする学生もいます。

豊富な英語学習サポート

授業以外にも、実践的な英語力を伸ばすための、さまざまな活動が行われています。

Graduation Project Forum(卒業制作フォーラム)

すべてのゼミナールの4年生が卒業研究の成果をポスターセッションの形式で発表し、1〜3年生からの質問に答えます。通常の授業とは異なり、学生同士が学び合う、大学生らしい学びのイベントです。

英米Excursion

英語学習へのモチベーションを高めるため、入学してから早い時期に実施。英語をコミュニケーションツールとして使用する感覚を体験します。

e-learning

自宅などからもインターネットを利用して英語学習ができます。コンピュータならではの教材を利用して学習を進めることができます。

TOEIC(R)受験(TOEIC(R) IPテスト)

英語学習へのモチベーションを高めるため、入学してから早い時期に実施。英語をコミュニケーションツールとして使用する感覚を体験します。

私の学び

日常的に英語に触れられる環境が、ミトナルマナビ。

少人数制の授業でしっかり英語力を伸ばせます。

佐藤 奈央[3年]
茨城県土浦湖北高等学校 出身

英米語学科は少人数で授業を行うので、先生としっかり英語でコミュニケーションが取れます。また、男女の区別なく、先輩・後輩の仲が良いのも特長です。1年次に行う英語の多読が大変でしたが、たくさん読んだおかげで読解力が養われたと感じています。もっと英語力に自信を持てるようになりたいので、今以上に力を入れて学んでいきたいです。

これからの社会人に必要なコミュニケーション力を身につけます。

千葉 敦 教授
専門:英語音声学

英語でのコミュニケーション力の向上を目標に掲げていますが、単に話せることをめざしているわけではありません。さまざまな国の人々と対等に交流するためには、言語の背景にある文化や歴史を知ることも大切ですし、教養や国際感覚も必要です。英米語学科では、こうしたコミュニケーション力を構成する要素をバランスよく学んでいきます。

取得できる免許・資格

  • 教育職員免許状

    中学校教諭一種免許状(英語)
    高等学校教諭一種免許状(英語)

  • 司書教諭

    小中高の教員として勤務する者が、学校に設置された図書館で専門的な職務を行うための資格です。

  • 司書

    公立図書館などで専門職員として働くための資格。希望により公共図書館での実習も受けられます。

  • 秘書士(国際秘書)

    【一般財団法人全国大学実務教育協会認定資格】
    国際社会・情報社会の秘書として、特に英語や異文化に関する知識と実務能力を身につけた人に与えられます。

めざす進路

サービスの分野
フライトアテンダント、ツアーコンダクター、ホテルマン・ホテルウーマン
教育・語学の分野
中学校教諭(英語)、高等学校教諭(英語)、子ども英語スクール講師、英語教室・学習塾の認定指導員、英会話スクール講師
流通の分野
通関士・バイヤー
金融・保険の分野
銀行の総合職・一般職 保険業の総合職・一般職
広告の分野
広告業の総合職・一般職
国際の分野
国際秘書 海外派遣員・レポーター、国際公務員、秘書

英米語学科の就職実績(2014年度卒業生)

業種

主な就職先

警視庁/東海村教育委員会/株式会社モビリティランドツインリンクもてぎ/株式会社長寿荘(ホテルクリスタルパレス)/株式会社東横イン/茨城トヨタ自動車株式会社/茨城トヨペット株式会社/株式会社カスミ/センチュリービークルズ株式会社(Audi水戸)/日産プリンス茨城販売株式会社/北つくば農業協同組合(JA北つくば)/株式会社商工組合中央金庫/東亜電気工業株式会社/橋本商工株式会社/山宗株式会社/香陵住販株式会社/エスティコンサルティング株式会社/レイス株式会社

ときわんこらむ

ピアサポート(先輩たちが新入生の大学生活や英語学習を個別にサポート)

英米語学科では、1年生が慣れない英語学習や大学生活をスムーズに行えるよう、2・3年生が支援を行う「ピアサポート」を実施しています。1年生1名に対して、2・3年生が1名ずつつく形の3名1チームが基本で、2年生は主に学習の進め方、3年生は学生生活全般をサポート。期間は1年生の5月から進級するまでの約1年間です。このシステムは、専門的な大学の英語学習に戸惑うことの多い1年生が、できるだけ早く新しい環境に慣れるようサ ポートすることを目的に、2012年よりスタートしましたが、1年生だけでなくサポートする上級生にとっても大きなメリットがあります。

2・3年生からは、「1年生へのアドバイスが自分自身の気づきにつながりモチベーションがアップした」「リーダーとしての自信がついた」という声も多く聞かれます。また、普段は接点の少ない先輩や後輩と接する機会が増える 点も、学生には好評です。学生の組み合わせは、学科担当教員が個性や希望をもとに決定するため、学年を超えた友情も自然に芽生えます。常磐大学で英語を学びたいみなさん、大学での学習や生活に不安があっても大丈夫! ぜひ気軽に相談してください。

詳しい情報

英米語学科さらに詳しい英米語学科の情報は、英米語学科の最新情報をお届けしている「英米語学科ニュース」をご覧ください。

英米語学科の最新情報をお届けする「英米語学科ニュース」