国際学部 英米語学科

ゼミナール紹介

注目のゼミ

英文法に対する認識を深め、英語の不思議を説明できる人になる

伊藤 礼子 ゼミナール

教授
専門:英語学(英語史)

当ゼミでは「否定文と疑問文にはなぜdoが使われるのか」「なぜ規則変化動詞と不規則変化動詞があるのか」等、英語の不思議(成立時期や過程、理由)を英語史から探っていきます。 2年次の秋セメスターから英文法に対する認識を深め、3年次には英文法の歴史を探り、4年次には卒論のテーマを探究していきます。授業では、毎回まとめと発表を行い、理解を深めています。また、夏のゼミ合宿や秋の文化祭などを通じてゼミ内での人間関係を築き、社会性を身につけています。高校までの英語の勉強は単に覚えることばかりですが、大学では専門的に英語の構造や歴史を学ぶことができます。そこから英語という言語の姿が見え、英語に対する理解を深めることができます。これまでに学生が取り組んだ卒業論文のテーマには 「頻度を表す副詞の検証」「動詞三人称単数現在形接辞の変遷について」「前置詞withの意味」などがあります。あなたも一緒に、英語の不思議を探ってみませんか。

ゼミナール紹介

英語音声に関わる現象を科学的に解明する

千葉 敦 ゼミナール

教授
専門:英語音声学

「英語の発音はどうやったらうまくなるのか?」「英語の聞き取りにはどんなメカニズムがあるのか?」といった英語音声に関わる疑問について、音声学の知識や方法論を使って研究し、演習を積み重ねています。

卒業論文テーマ例
  • 英語発音表記の有効性/
  • 聞き取り能力と発音能力の関係/
  • フォニックスを利用した発音指導/
  • 音声の明瞭性とピッチの高低に関する研究

英語と英語圏の文化の関連を探求する

Robert Betts ゼミナール

教授
専門:英語教育、異文化間コミュニケーション

英語と英語圏の文化、特に「サブカルチャー」に焦点を当てます。卒論は英語で書くため、論文の準備と並行して英語力もつけていきます。広い視野と自分の価値観で判断する力、何事も深く見て考える力を身につけてください。

卒業論文テーマ例
  • Japanese and American Weddings(2014)日本とアメリカのウェディング/
  • Japanese and American Funerals (2014)日本とアメリカの葬儀/
  • Japanese Food Invasion into America (2014)アメリカへの日本の食品の侵略

研究の面白さを知るゼミです

渡邊 真由美 ゼミナール

准教授
専門:英語教育、英語コミュニケーション

英語教育や英語コミュニケーションについて学び、調査・研究を行います。英語教育は教材、英語学習や学習者などについて探求し、英語コミュニケーションは実際の会話を録音・録画して、観察します。

卒業論文テーマ例
  • American Slang Used by Young People: Differences between Women and Men/
  • Opinions of Parents on English Language Education for Young Children/
  • Teacher Beliefs on Teaching English in English/
  • Postmodifiers in English Reading Passages of STEP: Relatives, Infinitives and Participles

文学・文化の研究を通して、多様な価値観を養う

辻川 美和 ゼミナール

助教
専門:英文学

英語圏の文学作品の講読や映像の視聴を通じて文学の味わい方を学び、簡単な英語作品の多読や音源のリスニングによって英語力を磨きます。また、英語圏で好きな作家やジャンルを見つけ、卒論にまとめます。

卒業論文テーマ例
  • 『ハリー・ポッター』への『まぼろしの白馬』の影響/
  • アガサ・クリスティの推理小説にお けるイギリス文学作品の使われ方/
  • The Representation of Colors in Romeo and Juliet and A Midsummer Night’s Dream /
  • A Comparison of John Tenniel’s and Arthur Rackham’s illustration of Alice’s Adventures in Wonderland /
  • ドラキュラ映画における東ヨーロッパの要素―恐怖のタイプの比較