ニュース&インフォメーション

本学学生が提案したアプリ「街知(まちしる)水戸」が運用開始になりました。

2013年10月31日(地域連携センター)

コミュニティ振興学部の横須賀ゼミを中心とした学生団体「地域政策研究会」が笠間市・水戸市中心市街地活性化協議会と、地元IT企業(株)ロジックデザインと連携して開発したアプリ「街知(まちしる)水戸 が10月26日よりダウンロードできるようになりました。

アプリの案内は、常磐大学のほか、水戸駅前から大工町・偕楽園の範囲です。600件ほどの情報が搭載されていますが、まだ発展途上ですので、改良なども予定しています。仮運用ではありますが、ぜひお試しください。

※Android版より運用を開始し、iPhone版は近日公開予定、本格運用は2014年4月からの予定です。
※笠間市においては、10月19日からの笠間の菊まつりに合わせ、すでに仮運用開始しています。

関連記事