ニュース&インフォメーション

人間科学部 森山哲美ゼミナール同窓会が行われました。

2014年2月4日(アドミッションセンター)

2月1日(土)、人間科学部森山哲美ゼミナール(以下、ゼミ)の同窓会が常磐大学同窓会館で開催されました。今年は森山哲美教授が本学で教鞭を取られてから30年という節目の年でもあり、当日は約40名の卒業生と20名の現ゼミ学生が参加し、盛大な会となりました。

同窓会は森山教授の挨拶に始まり、現在のゼミ長(4年・3年)が各自の近況を報告。更に、これまでに撮りためられてきたゼミ活動写真がスクリーンに映し出されると、参加者の皆さんは当時を懐かしむように写真に見入り、思い出話に花を咲かせていました。

また、在学生による卒業論文やゼミ活動のポスター発表があり、「心理学」という共通の知識を通した卒業生と在学生の交流も活発に行われていました。

森山ゼミは、代々「先輩(上級生)が後輩(下級生)を指導する」というシンプルだけど大切な体制が根付いているゼミです。この伝統を守り受け継いできた成果が、本会にも表れていると感じました。

そして何より、卒業生の皆さんとの会話を楽しむ森山教授の笑顔が一番の意義だったと思います。

本会の企画・運営は全て現ゼミ生によるものでした。準備や対応など、隅々まで気遣いがされており、頼もしさを感じました。在学生の皆さん、お疲れ様でした。

森山ゼミナール卒業生の皆さん、次回同窓会を開催する際にはぜひご出席ください。

※当日の写真は後日、本学Facebook上でも公開いたします。