イベント

「ときわ祭2014」を開催しました。

2014年11月10日(学生支援センター)

学生たちが、日頃の学習活動やサークル活動の成果を発表する「ときわ祭2014」が、10月25日、26日に開催されました。

今回の学園祭のテーマは「祭短し 楽しめときわ」。このテーマには、来場者の方に楽しんでいただくことはもちろん、学生たちが元気に楽しくときわ祭を盛り上げてくれるように、という願いが込められています。そこで力を入れたのが、より多くの学生に参加してもらうこと。さまざまな模擬店をはじめ、部活やサークル、またゼミなどの発表が行われる屋内企画の多さにも、学生が主体となって楽しもうという姿勢が表れていました。

今年はいくつかの特徴的な模擬店がオープンしました。その一つが復興支援ブース。このブースは、岩手県の関係団体が推進する「いわて三陸 復興のかけ橋プロジェクト」と連携して常磐大学の学生がTSS活動の1つとして出店したもので、まめぶ汁やじゃじゃ麺などの販売や震災関連の展示が行われました。また、耕作放棄地の利活用などを考える特別企画科目「プロジェクトA」を受講する学生たちが、釜焼きピザの販売を実施。学生自ら耕作放棄地で育てた小麦を使った本格的なピザに、多くの来場者が舌鼓を打っていました。

また、野外に設けられたメインステージでは、ご当地アイドルのミニライブやミスときわコンテストなどを開催。L棟に設置された屋内ステージでは、2日間にわたって、終日、音楽ライブが行われ観客を楽しませていました。

ときわ祭実行委員会で委員長を務めた人間科学部心理学科3年の酒井一輝さんは、「常磐の学生たちが本気を出して盛り上げている学園祭を、肌で感じていただけたら幸いです」と、来場者にメッセージを送っていました。


正門前の様子

野外ステージ企画:オープニング(ときわ祭実行委員会)

写真展(ヒューマンサービス学科3年)

グラウンド企画

野外ステージイベント:サークル対抗戦

各種模擬店
東日本大震災関連写真展、まめぶ汁・じゃじゃ麺・復興物販(岩手&常磐)

手話コーラス(手話サークルベルボア)

各種模擬店
模擬店:ピザ(プロジェクト科目A)

屋内企画:と・らのあ〜なと合同ライブ(ALL ROUND MUSIC)

野外ステージイベント:2014ミスときわコンテスト(ときわ祭実行委員会)