イベント

常磐大学オープンカレッジ10周年記念講座「茨城の文化を考える」を開催しました。

2015年9月10日(地域連携センター)

本学の一般社会人向け公開講座が「常磐大学オープンカレッジ」に名称を変更して10年になることを記念した連続講座(4日間)が、9月2日から本学を会場に開催されました。

記念講座は、本学と株式会社茨城新聞社との共同で企画され、オープンカレッジで歴史・文化・文学の分野を担当する5人の講師が「茨城の文化」をテーマに講義を行い、最終日の9日には講座のまとめとして、公開討論「茨城の文化とその背景」を開きました。

当日は台風18号の影響による悪天候にも関わらず、多くの受講生が参加され、活発な討論が行われました。討論の模様は9月30日付けの茨城新聞に特集記事が掲載される予定です。

9月9日開催 公開討論『茨城の文化とその背景』
司会:河野敬一、討論者:瀧口泰行、糸賀茂男、二村博、市村眞一

講座の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
http://www.tokiwa.ac.jp/news/2015/0728/pdf/flier.pdf