イベント

「ときわ祭2015」を開催しました。

2015年10月30日(学生支援センター)

大学・短大での日頃の活動を発表すると同時に、学生たちが一つになって来場者と共に楽しむ「ときわ祭2015」が10月24日、25日に開催されました。今年のテーマは「TOKIWA INNOVATION 〜2015年 秋のキセキ〜」。このテーマには、今までの考えとは別に新しいものや仕組みを創り、新しい価値観を見いだしながら大きな変化を起こすイベントにしたいという思いと、来場者やときわ祭に関わっている全ての人たちに“秋のキセキ”を見つけていただきたいという願いが込められています。

今年も各ゼミナールの研究発表や、サークル活動の成果を披露するコーナーが多数開設。学生たちの生き生きとした表情が伝わる企画が、来場者を楽しませていました。また、野外ステージでは、ミスときわコンテストやコスプレコンテストなど、学生ならではのプログラムを実施。参加者と来場者が一体となって、ときわ祭を盛り上げました。

ときわ祭実行委員会・委員長を務めた人間科学部健康栄養学科3年の相田瑛理香さんは「来場された皆様が、思い出に残るそれぞれのキセキを見つけ、笑顔で帰っていただければと思います」と、笑顔で語っていました。

当日は、2日間の来場者数が6,853人と、昨年度よりも約1,000人上回るお客様が見和キャンパスを訪れ、大盛況のうちに終了しました。


正門前

オープニング(ときわ祭実行委員会)

水餃子、唐揚げ中華風、他(ゴルフ部)

豚汁、いももち(茨城県味噌研究会)

ジャグリング(1010)

作品展示(しゃしんぶ)

キャンパスの様子

お茶会(茶道部)

ポップコンサート(常磐大学吹奏楽団)

2015ミスときわコンテスト

本部テント(ときわ祭実行委員会)

宮沢賢治カフェ(TSSボランティアいわとき)