イベント

「ボランティア・市民活動フェスティバル2016」を開催しました。

2016年9月16日(地域連携センター)

9月16日、「ボランティア・市民活動フェスティバル2016」が本学見和キャンパスで開催されました。これは、茨城県社会福祉協議会と常磐大学の包括連携協定に基づき開催されるものです。

今回のフェスティバルでは、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)の事務局長である明城徹也さんによる基調講演「災害時支援活動から見えた日常生活から進める“備え”」や、5つのテーマによる分科会が行われました。

本学からは、渡部茂己副学長より挨拶が述べられた他、学生ボランティアが受付や誘導などの運営サポートに加わり、参加した方々と笑顔で触れ合う姿が見られました。

当日は、市内の子どもたちによるダンスパフォーマンスや社会福祉法人施設による「お月見デザート」の販売なども行われ、盛況のうちに終わりました。


学生とマスコットキャラクターがお出迎え

子どもたちによるダンスパフォーマンス

渡辺茂己副学長による挨拶

基調講演