イベント

「第4回 TOKIWA 高校生 英語プレゼンテーションコンテスト」を開催しました。

2016年10月31日(国際交流語学学習センター)

常磐大学・常磐短期大学が主催する「第4回TOKIWA高校生英語プレゼンテーションコンテスト」が、10月22日に開催されました。

このコンテストの目的は、国際社会で活躍できる若い人材の育成に貢献すること。通常の英語スピーチコンテストとは違い、国際的視野で物事を捉え、考える能力を評価することも特徴の一つです。そのため、審査のポイントは発音や文章構成力などの英語スキルに加え、発表の内容や視覚的な表現能力などのパフォーマンスも重視。プレゼンテーション終了後には審査員との英語による質疑応答も行われ、英語のヒアリングや対応力などの生きた英語力も審査の対象となります。

今回のコンテストで大枠として設定されたテーマは、“Me and the World” “Look to the Future” “Social Issues”。高校生たちは、この3つのカテゴリーいずれかに関連づけたプレゼンテーションを行いました。

今回のコンテストに参加したのは、県内外から集まった6人の高校生たち。それぞれパワーポイントなどを使用するほか、自作のロボットを持ち込んで未来社会を語る生徒など、さまざまなアプローチで独自の主張を繰り広げました。

審査の結果1位を獲得したのは、茨城県立緑岡高等学校1年の太田雄蔵さん。“What is Suffrage? …The Voting Age Lowered to 18”というタイトルで、今年から18歳以上に引き下げられた選挙権についてプレゼンテーションを行いました。太田さんは「選挙権についての知識があまり無かったので、自分の意見をまとめるのに苦労しました。英語は一つのスキルだと考えているので、それを生かしてこれから何をしたいのか。いまそれを模索しています」と、自分の将来に思いを馳せていました。

順位 所属、学年、名前 選択テーマ 発表テーマ
第1位 茨城県立緑岡高等学校 1年 太田 雄蔵 さん Look to the Future Wat is Suffrage?
…The Voting Age Lowered to 18
第2位 智学館中等教育学校 5年次 松山 実玖 さん Social Issues Great Japanese Toilet
第3位 常磐大学高等学校 3年 中澤 希和 さん Social Issues What is your Dream