イベント

卸小売業界見学バスツアーを行いました。

2016年12月19日(キャリア支援センター)

11月25日(金)、業界研究の一環として「卸小売業界見学バスツアー」を行いました。このツアーは、商品が生産者から消費者に届く過程を学ぶことを目的とし、NPO法人雇用人材協会の共催により行われました。これから就職活動を迎える大学3年生31名が参加しました。今回見学させていただいた企業は、(株)旭物産、(株)カスミです。

午前中は 旭物産小美玉工場を訪問しました。会社説明では、会社概要のほか、「食・健康」への想い、製品への「安心・安全」への取り組みなどを伺いました。また、林社長からお話を伺い、アットホーム雰囲気で社員一人ひとりを大切にしている想いを感じました。その後、工場見学や若手社員との座談会の機会をいただきました。工場見学では、マスクと帽子、手袋を着用し、エアーシャワーを通り、工場内を案内していただきました。製造過程やパック詰めの様子を間近で見学しました。また、座談会では、仕事内容、就活の経験など様々な質問に答えていただきました。

午後はカスミのトレーニングセンターを訪問しました。地域に根ざした店舗作りを展開している「ソーシャルシフト経営」や企業ブランド構築のための戦略、カスミで働く人たちの職種、働きやすい環境の整備などについてお話を伺いました。その後、カスミ自慢の惣菜のおいしさの秘訣や作り方の説明を受け、人気商品の中巻き寿司、店舗ディスプレイで使用されている飾り巻き寿司作りを体験しました。学生たちは慣れない“まきす”に苦戦しつつも、笑いが絶えない時間を過ごしました。

参加した学生たちからは、「概要や大まかな作業内容等はホームページを見て分かりますが、実際に部門ごとの社員さんの働く姿を見ることができたり、内容について話を聞けたことがよかったです。」「1日のツアーでありながら、説明・体験など現場をリアルに学ぶことができた。」「2つの企業ともに社会貢献が高く、お客様目線の企業理念であることが分かり、とても興味がわきました。」といった感想を聞くことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。