インフォメーション

2017年5月10日 総合

総合政策学部「総合政策概論」で高橋水戸市長よりご講義いただきました。

5月10日、総合政策学部の「総合政策概論I」に、講師として高橋靖水戸市長(常磐大学客員教授)をお招きし、ご講義いただきました。この授業は、現代社会が直面する問題の発見とその解決を目指すことを目的としています。

高橋市長は「災害教訓を踏まえた実効性のある対策の実現」「“市民協働による災害に強いまち 水戸”の構築」について講義。2011年の東日本大震災時の対応とそこから得た教訓、防災においては「自助・近助・共助・公助」の連携が重要であること、広域連携やルールづくりに取り組んでいることなどについてお話しいただきました。

高橋市長の講義は、災害への対応のあり方や地域の安心と安全を考える上で、大変貴重な機会となり、履修した学生はメモを取りながら真剣に高橋市長の話に耳を傾け、講義後の質疑応答では様々な質問が出されました。

2017051001
2017051002
2017051003