インフォメーション

2017年6月13日 学生活動

ホタル鑑賞会を行いました。

6月11日(日)にキャンパス内の「常磐の森」でホタル鑑賞会が行われました。

鑑賞会は、人間科学部の松原哲哉准教授とゼミ生が参加する「ホタルネットワークmito」主催のプロジェクトです。ホタルネットワークmito は、千波湖偕楽園公園周辺の湧水地や耕作放棄地をホタルが生息可能な環境に再生する連携推進ネットワーク。2015年3月に複数の学校、団体、水戸市によって発足しました。

夕刻よりホタルネットワークmitoのメンバー約60名が常磐の森でのホタルの生息地拡張のためのヨシ刈、篠刈り等を行いました。その後の鑑賞会では、10数匹のホタルが森を飛び交う様子をみることができました。

常磐の森は、2013年より市民と常磐大学の学生と松原准教授が協力して自然に戻す活動を行った結果、ホタルが発生するまでになりました。ホタルの生息には、水がきれいなことや広い飛翔空間等の条件があります。きれいな水と豊かな自然、水の都・水戸にふさわしい環境作りを行う松原ゼミナールの今後の活動にご期待ください。

ヨシ刈りの様子
ヨシ刈りの様子
ヨシ刈りの様子
ヨシ刈りの様子
整備後の常磐の森