インフォメーション

2017年9月15日 学生活動

大学サッカー部の井坂健太さんが水戸ホーリーホックの「JFA・Jリーグ特別指定選手」に登録されました。

9月14日、常磐大学サッカー部の井坂健太さん(人間科学部現代社会学科3年)が、日本サッカー協会に「JFA・Jリーグ特別指定選手」として承認されました。受け入れ先は、水戸ホーリーホックで、Jクラブの一員としてサッカー活動ができることになります。

特別指定選手制度とは、サッカー選手として最も成長するユース年代に、組織や連盟等の垣根を越え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とする制度で、井坂さんは常磐大学サッカー部に所属したまま、Jリーグの試合にも出場できます。

本学と水戸ホーリーホックは、2010年より提携協力関係にあり、水戸ホーリーホックからの監督の派遣などを通じてサッカー部の強化を図ってきました。本学のサッカー部の選手が、Jクラブの選手として試合出場が可能な特別指定選手として登録をされることは、今回が初めてとなります。

常磐大学サッカー部とともに、水戸ホーリーホックで戦う井坂選手にも、ご声援をよろしくお願い致します。


9月26日に、井坂健太選手の記者会見が行われ、関係者よりそれぞれ挨拶が述べられました。

株式会社フットボールクラブ 水戸ホーリーホック 代表取締役社長
沼田 邦郎
これはひとつの歴史の一ページである。井坂選手は地元の高校から常磐大学に入学し、サッカー部に入った。そして我々プロの目に留まったことで、地元の素晴らしい選手がプロを目指していける。新たな道が拓けた。これによって、水戸ホーリーホックと常磐大学の価値も高まる。さらに地域が活性化するよう、常磐大学と連携を強化しながら地元に貢献していきたい。

常磐大学・常磐短期大学 学長
冨田信穗
本学では、課外活動、スポーツ活動には力を注いできた。井坂選手については、本学の名をさらに高めてくれるよう、そして、水戸ホーリーホックに貢献できるよう活躍してほしい。これを機に常磐大学と水戸ホーリーホックの関係がさらに緊密なものになっていくことを願っている。

常磐大学サッカー部監督/水戸ホーリーホック アカデミーコーチ
柴田 純
経緯:常磐大学サッカー部では、2016年度から水戸ホーリーホックトップチームとのトレーニングマッチを定期的に行っている。その中で、井坂選手のプレーがトップチームから評価され、トップチームとの練習に参加することになった。本人の成長が常磐大学サッカー部の発展に必要と考え、今回、特別指定選手として契約することになった。
井坂選手のプレーの特徴:積極的な飛び出し・シュートストップ、質の高いロングパス

常磐大学人間科学部現代社会学科3年/2017年JFA・Jリーグ特別指定選手
井坂 健太
サッカーでプロとして活躍する友人に追いつこうと大学に入っても努力してきた。大学サッカー部ではチームとしても上を目指し、個人としても現状に満足せず、プロの選手として登録されるよう、日々のトレーニングを頑張り、一試合一試合勝つことで、関東2部に昇格できるよう、チームを引っ張っていけるように頑張りたい。水戸ホーリーホックの各選手の良い部分をたくさん見習い、自分のものにしていき、さらに成長していきたい。

会見の様子
会見の様子
会見の様子
会見の様子