法律行政学科ニュース

2017年12月7日

法律行政学科所属教員間の連携を活用して、公務員試験合格を勝ち取ろう!

法律行政学科所属教員には、それぞれ専門の科目があるように、各々が得意とする就職指導の分野があります。

たとえば憲法・行政法・地方自治法が専門の吉田勉准教授は、元茨城県庁職員で、現在でも自治体職員同士の勉強会を主催しており、県庁・市役所職員などの一般行政職公務員試験の指導を得意としています。この吉田准教授による模擬面接等の指導・助言を受け、この度見事土浦市役所に合格したのが、千手正治准教授のゼミに所属する藤田理央君です。

また千手准教授は、刑法・刑事訴訟法・犯罪学を専門とし、これまで8年連続で所属するゼミ生が警察官採用試験に合格しており、警察官を中心とした公安職公務員試験の指導を得意としています。この千手准教授による模擬面接等の指導・助言を受け、この度見事茨城県警察に合格したのが、吉田准教授のゼミに所属する小沼大輔君です。

このように法律行政学科所属の教員間では、他の教員のゼミに所属する学生であっても、希望とやる気があれば、自分のゼミ生と同じように就職指導を行っています。法律行政学科へ入学し、やる気さえあれば、だれもが所属ゼミに関係なく公務員試験受験へのサポートをうけることができます。

吉田准教授の話:

  • 吉田ゼミでは、地方自治体や行政に興味がある学生や、自治体職員を中心に公務員になりたい人を募集しています。ゼミでは、行政法や地方自治法などの法律を机にすわって学ぶだけでなく、実際にどうのようにしてよりよい街をつくっていくのか、あるいは実際に自治体の職員の人たちがどのような仕事をしているのかといった行政の現場についても勉強します。また、本気で自治体の職員になりたい人であれば、他のゼミに所属する人たちについても受験勉強をサポートしていきます。高校生のみなさん、法律行政学科に入学し、吉田ゼミで勉強して、公務員になるために一緒に頑張っていきましょう。

千手准教授の話:

  • 千手ゼミでは、刑事法や犯罪学に興味がある人や、警察を中心とした公安職系公務員を目指している人を求めています。ゼミでは刑事法や犯罪学の分野でゼミ生各位が興味のあるテーマ(少年非行、薬物犯罪、サイバー犯罪、自主防犯活動、裁判員制度など)を選択して個別に研究・報告することを中心として進めていきますが、警察官を中心とした公安職系公務員試験合格者や本学OBの警察官等の話を聞く機会も設定します。またゼミとは別個に公安職系公務員勉強会も開催しますが、他のゼミであっても本気とやる気が見られる人であれば、参加を歓迎します。みなさんも法律行政学科に入学し、千手ゼミで学び、社会の安全を守ることを誇りにできる仕事についてみませんか。

法律学科ニュース

写真左:千手正治准教授、写真右:藤田理央君

法律学科ニュース

写真左:吉田勉准教授、写真右:小沼大輔君