経営学科ニュース

2017年5月27日

トキワオープンレクチャーを開催

5月27日に、トキワオープンレクチャーとして、経営学科の2つの模擬授業が実施されました。

10:00~10:50には、文堂弘之教授による「経営学って何だろう?」、11:00~11:50には村山元理教授による「セブンイレブンの経営学」の模擬授業が行われました。

「経営学って何だろう?」では、高校生にとっても身近な企業が取り上げられ、その企業の意外な事実から、経営学が社会を知る上で非常に役に立つ学問であることが講義されました。

「セブンイレブンの経営学」では、小売業界の変革者で、日本のセブンイレブンの父と言われる鈴木敏文氏が退任されたニュースの意味や、コンビニチェーンの中で高い収益をあげているセブンイレブンの革新的なビジネスモデルの歩みについて講義されました。

高校生だけでなく、保護者の方も参加された今回のオープンレクチャーは、高校ではほとんど習わない経営学の面白さを感じてもらう機会になりました。

模擬授業の様子

模擬授業の様子