経営学科ニュース

2017年6月21日

「金融概論」で常陽銀行人事部室長による「銀行に求められる人材」についての講義を実施

経営学科の専攻科目である「金融概論」にて、常陽銀行人事部人材開発戦略室長による講義を行いました。

「金融概論」(担当:文堂弘之教授)は、経営学科の2年次以上が履修できる専攻科目であり、株式会社常陽銀行の寄付講座として2016年度から開講されています。

この日は、特別講師としてお迎えした常陽銀行人事部人材開発戦略室室長の佐久間弘一氏に、「銀行に求められる人材」についての講義を担当していただきました。

佐久間氏は、はじめに就職活動の状況について解説された後、社会人として求められる資質、さらに銀行が求める資質について、わかりやすく講義してくださいました。

講義後、学生から、人材の「魅力」の条件、日本と欧米の人材の相違、目標の変更の是非、資質の中でもっとも重要なもの、早期退職、資格に対する評価、自律心を高める方法など多くの質問が出され、佐久間氏より丁寧にお答えいただきました。

次週も常陽銀行行員の特別講師をお迎えした講義が実施される予定です。

銀行に求められる人材について講義する佐久間氏

銀行に求められる人材について講義する佐久間氏