経営学科ニュース

2017年7月20日

「地域金融論」みと地域総合研究所調査役による特別講義を実施

7月20日に、経営学科の専攻科目である「地域金融論」にて株式会社みと地域総合研究所調査役の鳥沢隆文氏をお招きし、特別講義をしていただきました。

「地域金融論」は、水戸信用金庫の寄付講座としてこれまで12年間にわたり開講。財務・会計分野の専攻科目として、地元の金融機関への就職を志望する多くの学生がこれまで受講しています。

この日は、「中小企業金融の現状と課題」というテーマで、中小企業の特徴、中小企業金融とは何か、今後の中小企業支援のあり方などについて、わかりやすく解説していただきました。

受講した学生たちは、その受注構造や資金調達、財務構造など中小企業の特徴について詳しい説明を受けることができ、地域金融機関と中小企業の関わりについてより一層理解を深めることができたようです。

「中小企業金融の現状と課題」について講義する鳥沢調査役

「中小企業金融の現状と課題」について講義する鳥沢調査役