ニュース&インフォメーション

健康栄養学科 松原ゼミナールが低炭素杯2015のファイナリストに選ばれました

2015年2月12日(アドミッションセンター)

温暖化防止に取り組む団体(学校・企業・NPO)が集結し、温暖化防止活動の日本一を決める「低炭素杯2015」のファイナリストとして、本学健康栄養学科松原ゼミナールが選ばれました。全国1700件以上の応募の中から39件に絞り込まれたグループが、4分間のステージ発表でそれぞれの取り組みと成果を発表していきます。

松原ゼミナールでは、「TOKIWAの森から地域再生ESDプロジェクト0円の森完成」と題し、本学敷地内にある水生植物園(常磐の森)にホタルを再生させるということを目標にかかげ、環境問題を理解し、学生たちが自らの手で植物園の整備を行ってきました。そして、先日、本学の水生植物園にて見事ホタルの鑑賞会を行うことができました。

また、この取り組みは本学学生の努力に加えて、地域住民の皆さんや企業との連携協力により、経費をかけずに実現することができたそうです。この取り組みと成果を2月13日(土)に東京ビッグサイトで開催される「低炭素杯2015」で発表します。

環境大臣賞はどのチームの手に!?

日時・会場、その他詳細な情報は下記からご確認ください。

当日の発表の様子が発表当日の夕方18:00からYouTubeにて配信され、その再生回数も審査ポイントに加算されるそうです。

応援の程、よろしくお願いします。

低炭素杯2015

日時:
2月13日(金)12:30〜 ファイナリストによるプレゼンテーション
2月14日(土)14:45〜 表彰式(審査結果発表)特別シンポジウム
会場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)

低炭素杯2015 ホームページ

茨城新聞 2015年(平成27年)2月2日付 18面にも取り上げられました