ニュース&インフォメーション

夜・梅・祭で夜梅おみくじ販売しました。

2015年3月19日(地域連携センター)

3月14日、水戸市の偕楽園で開かれた「夜・梅・祭」で、TSS(Tokiwa Student Staff)に登録する学生有志が「夜梅おみくじ」を販売しました。4回目となる「夜梅おみくじ」は、今回からTSSのプロジェクトとして企画。学生ならではのアイデアをふんだんに盛り込み、スイーツに模った可愛いおみくじにアロマの香りをプラスして仕上げました。学生達が大きな声で元気に呼び込む販売所には、多くの観梅に訪れた方達が立ち寄り、夜の梅にプラスの香りを楽しんでいました。

【学生代表コメント】米久哲弘さん(人間科学部コミュニケーション学科3年)

今回の夜梅おみくじは、初めてTSSのプロジェクトとして企画しました。前3回の企画は、石田ゼミ所属の学生達による完成度の高いものでその分プレッシャーもありました。しかし、一緒に企画したみんなを始め、TSSに関わる仲間にも作業を手伝ってもらいながら、無事成功させることができたと思います。今後もTSSのプロジェクトとして継続し、毎年違った夜梅おみくじを皆さんのお手元に届けることができると思います。今回の企画を支えてくださった皆様、そして夜梅おみくじをたくさん買ってくださったお客様、本当にありがとうございました。

※TSSとは、学生が学生の視点で主体的に参画する活動を通し、「わくわく」する学生生活を創ることを目的に様々な活動を展開しています。