ニュース&インフォメーション

2014年度「小貫英教育賞」を受賞しました。

2015年3月26日(アドミッションセンター)

3月10日、協同出版株式会社の代表取締役社長小貫輝雄氏が本学を訪問し、2014年度「小貫英教育賞」を受賞した、短期大学幼児教育学科の大内晶子助教に対し、副賞が手渡されました。

心理学分野の若手研究者による優れた学術研究への助成等を事業展開している、公益信託小貫英教育学研究助成記念基金運営委員会では、2014年度の選考会が行われ、多くの論文の中から「小貫英教育賞」として、大内助教による「幼児の非社会的遊びと社会的不適応の関連」に関する研究が選ばれました。運営委員会では、「大内氏の研究は、幼児の一人遊びを仲間関係の構築、社会適応、社会性の発達という観点から分析し、先行研究結果の追試になると共に、子どもの指導や保護者のあり方に関する示唆を与えている。日本の幼児教育場面における一人遊びと社会性の発達との関係を調べ、保育者によって肯定的に認知されやすい非社会的遊びの形態や、それとその後の社会的スキルの獲得の難しさとの関係を実証的に検討し、それを専門外の方にも理解しやすい論述で整理している」と高い評価を受けての受賞となりました。