ニュース&インフォメーション

租税教育に関する講座を開催しました。

2015年11月19日(アドミッションセンター)

関東信越税理士会茨城県支部連合会の小泉達哉専務理事を講師としてお招きし、租税教育に関する講座を11月18日に行いました。

講座は、人間科学部教育学科開講科目の「教育者への道II」で行われ、教育学科の学生約40名が受講しました。講話では「様々な税金の役割と公平性」をテーマに、税の必要性・負担の公平性・使い方について学びました。

受講生が小学生役になるロールプレイングも行われ、将来教育者を目指す学生たちが租税教育の重要性を実感する貴重な体験となりました。

受講した学生からは、「税金の必要性を改めて感じた」「小学校で税について学ぶ機会は必要だと思った」等の感想が聞かれました。