ニュース&インフォメーション

【在学生向け】社会保障・税番号(マイナンバー)制度に関するお知らせ

2015年12月1日(総務課)

10月から、皆さんにもマイナンバーの通知カードが市区町村より送られてきます。マイナンバーは、日本国内に住民票を有する全ての方に付番され、一生涯利用するものです。マイナンバー制度は、社会保障・税・災害対策の行政手続きで必要になるなど、全国民に関係する制度です。学生の皆さんは、以下の点に留意してください。

  • マイナンバーの通知カードは、10月5日時点の住民票の住所に送付されます。現在、学生寮やアパート等に居住しているものの、通知が保護者等の住所に送付されることもありますので、自分の通知カードを確認し、厳重に保管してください。
  • マイナンバーの通知カードとともに「個人番号カード」の交付申請書が送られてきます。市区町村に申請することで、無料で「個人番号カード」の取得が可能です(本学での一括申請を行う予定はありません)。
  • 利用が開始される2016年1月からは、アルバイト等の採用に当たってマイナンバーの提示が求められることがあります。
    本学でアルバイトをしている学生の皆さんには別途、マイナンバーを提出いただくためのご案内を差し上げます。
  • マイナンバーは法律で定められた目的以外で利用したり他人に提供したりすることはできません。安易に友達に教えることがないようにしてください。Facebook、LINE、Twitter等のSNSでも公開しないでください。
  • マイナンバー制度をかたった不審な電話、メール、手紙、訪問等には十分注意してください。

※ 制度の詳細については、以下文部科学省のマイナンバー特設ページをご覧ください。
社会保障・税番号(マイナンバー)制度に関する文部科学省からのお知らせはこちら