ニュース&インフォメーション

硬式野球部コーチに元読売ジャイアンツの吉村禎章さんが就任しました。

2016年6月2日(アドミッションセンター)

6月1日より常磐大学硬式野球部に元読売ジャイアンツの吉村禎章さんがコーチとして就任しました。吉村コーチは、2016年11月末までの6カ月間、就任する予定です。

現在、硬式野球部は関甲新学生野球リーグ戦で1部昇格を目指し、一丸となって練習に励んでいるところです。

吉村コーチは、「常磐大学の選手も伸びる素質があるので、鍛え直し、手助けしていきたい。まずは、一部昇格だが、それだけで終わらせず、一部に昇格しても勝負できるように根本的なことから指導していきたい」と抱負を語りました。

吉村禎章コーチの経歴

1981年 PL学園高校時代に第53回選抜高等学校野球大会にて優勝を果たす。
1982年 ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団 背番号55
1983年 入団2年目ながら打率3割2分6厘の高打率を残す。
1984年 読売ジャイアンツの右翼手のレギュラーに定着。俊足強打の選手として活躍。
1985年〜1987年 シーズン120試合以上に出場し読売ジャイアンツの主力として活躍。
1988年 3月のオープン戦にて東京ドーム完成後の第1号本塁打を放つ。
7月の対中日戦の試合中に味方選手と激突、左膝靱帯4本中3本完全断裂し、さらに神経まで達するほどの大怪我を負う。
1989年 重度の障害者認定を受けるほどの大怪我から、2度の手術と1年以上のリハビリを経て同年9月に代打としてバッターボックスに立つ。
1990年以降 チームの代打の切り札として活躍。
1998年以降 第16代キャプテンに指名。同年限りで現役を引退。
1999年〜2001年 日本テレビ野球解説者及び野球評論家として活躍。
2002年 読売ジャイアンツ1軍打撃コーチに就任。2003年シーズン終了後に退団。
2006年 読売ジャイアンツ2軍監督に就任。
2009年 読売ジャイアンツ1軍打撃コーチに就任。2011年シーズン終了後に退団。
2012年以降 日本テレビ野球解説者評論家として活躍。
2015年 全日本15U(中学生以下)代表監督に就任。現在に至る。
2016年 6月より常磐大学硬式野球部コーチに就任。

表彰

  • ベストナイン2回
  • 月間MVP2回
  • オールスターゲームMVP1回
  • カムバック賞
  • 東京ドームMVP2回

記録

  • オールスターゲーム出場4回