ニュース&インフォメーション

参議院選挙を前に模擬演説会・模擬投票を行いました。

2016年6月22日(アドミッションセンター)

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられる7月の参議院選挙を前に、6月13日(月)に模擬演説会・模擬投票を「政治学概論」の授業の一環で行いました。

 模擬投票を前に行われた模擬演説会では、砂金(いさご)ゼミナールの3年生3名が候補者役となり参議院選挙の争点になるであろう「憲法改正」「TPP」「少子化対策」などの政策について演説を行いました。
 その後、学内に設置した投票所に移動して、選挙時に使用される投票用紙や投票箱を使い選挙区と比例区の投票を行いました。

 6月16日(木)には、常磐大学高等学校の3年生約70名を対象に、水戸市選挙管理委員会の職員と砂金ゼミナールの学生が講師となり、選挙に関する知識を身につけるための出張授業を行いました。
 消費税の増税や給付型奨学金、憲法改正について、賛成・反対それぞれの意見をわかりやすく解説しました。

 常磐大学では、7月の参議院選挙投票日当日に投票に行けない人のための期日前投票所がキャンパス内に1日限定で設置されます。

期日:7月4日(月) 10:00〜16:00 本部棟1F

 平成28年3月21日までに水戸市の住民票に記載され、引き続き市内に住んでいる方が対象となります。
 駐車場はありませんので、公共交通機関等でお越しください。