ニュース&インフォメーション

「伊藤園 おーいお茶 俳句大賞」に入賞しました。

2016年7月20日(アドミッションセンター)

 本学で活動する常磐俳句サークルメンバーおよび昨年度秋セメスターの「創作文化演習」(二村博助教担当)を受講した本学学生が、第二十七回「伊藤園 おーいお茶 俳句大賞」に応募したところ、7名の学生(うち1名は2016年3月卒業)の作品がみごと入賞しました。

 応募総数過去最多の186万2954句の中、入賞した7名の作品は以下のとおり。

第二十七回 「伊藤園 おーいお茶 俳句大賞」
都道府県賞 国際学部英米語学科4年 常井里美
「梅の香に 呼び止められて 回り道」
都道府県賞 人間科学部心理学科3年 大森香穂
「満月に 照らされ君も 主人公」
佳作 人間科学部心理学科3年 海老澤麻衣
「君想う 手の届かない 梨の花」
佳作 人間科学部心理学科3年 金子美樹
「窓辺から 光が差して 猫わらう」
佳作 人間科学部心理学科3年 川原場景子
「ラムネ瓶 駆けゆく背中 見送りて」
佳作 人間科学部コミュニケーション学科2年 長谷川実希
「大気圏 越えた先には 冬の月」
佳作 コミュニティ振興学部地域政策学科卒業 矢崎良
「春風や 窓から見える 時計台」

 都道府県賞は各県5名のみが選出される特別な賞です。都道府県賞の常井さん、大森さんには賞金5千円が贈呈され、受賞作品は2016年の9月以降に、「おーいお茶」のパッケージに掲載される予定です。佳作の海老澤さん、金子さん、川原場さん、長谷川さん、矢崎さんには賞状と掲載句集が贈られます。

常磐俳句ブログはこちら