ニュース&インフォメーション

「ときわ災害食レシピコンテスト2016」を実施します。

2016年9月28日(地域連携センター)

1.目的

東日本大震災、関東東北豪雨などを受け、茨城県においても災害への備えはますます重要になってきております。本コンテストでは、災害時に命を守る取り組みの一つとして「食」に着目し、将来、茨城県の防災を担う高校生を対象に災害時に求められるメニューの提案を募集したいと思います。

本コンテストにおいて、高い評価を得たメニューについては、「ときわ災害食レシピ」として認定。本学健康栄養学科の監修のもと、冊子にまとめ、各種メディアを通じアピールをして行きたいと思います。また、コンテスト終了後には、表彰式も開催いたします。

2.主催

常磐大学COCプラス事業

3.応募対象

茨城県内の高校生(個人、または、グループでの応募可能)
※ひとり何点でも応募可能です。ただし応募用紙はメニューひとつに対して1枚にしてください。

4.募集テーマ

高校生の目線から考えた災害時のメニュー(災害食メニュー)、及び、作り方

【審査のポイント】

  1. 電気・水道・ガスが停止した状況下で作ることができるメニューであること。
  2. 食器などの洗い物ができるだけ少なくなる調理法であること。
  3. 誰でも作ることのできる調理法であること。
  4. これまでにない斬新なアイデアが見られると、より高い評価となります。

5.応募条件

  1. 災害時を想定し、カセットコンロ、鍋(フライパンなどでも可)、ペットボトルの水があればできるレシピであること。
  2. 調理に要する時間は50分以内とする。
  3. できるだけ身近な食材および保存食(レトルト食品、缶詰、乾麺類、無洗米など)を利用すること。

6.応募方法

応募用紙に「料理名、料理の作り方など」を記入し、「料理の写真」とともに応募先に送付してください。

7.募集期間

2016年10月1日〜12月15日

8.審査

【1次審査】書類審査
 1次審査は本学健康栄養学科教員等により実施します。

【最終審査】
 最終審査は本学教員および有識者等による審査委員会により実施します。

9.審査結果

審査結果は2017年2月下旬頃に発表します。

10.表彰式

表彰式は2017年の3月上旬頃に実施します。

11.肖像権・個人情報・応募作品の著作権について

  1. 応募作品の著作権等は主催者に帰属することとします。
  2. 応募作品は原則として返却しません。
  3. 入賞作品については、レシピ、及び、(本人の了承を得た上で)肖像、学校名、学年、氏名などを公表します(レシピ集など)。

応募用紙はコチラ

 → 応募用紙(pdf)
 → 応募用紙(Microsoft word)