ニュース&インフォメーション

プロジェクト科目学外授業「石窯ピザキャラバン隊in会津若松」を実施しました。

2016年10月20日(アドミッションセンター)

10月8日(土)にプロジェクト科目の学外授業「石窯ピザキャラバン隊in会津若松」が、福島県会津若松市の復興公営住宅年貢町団地で開催されました。

本企画は、先の原発事故で未だ被災者住宅の生活を余儀なくされている大熊町出身の人々を励ますため、同町出身の学生の発案で始動し、NPO団体「3・11被災者を支援するいわき連絡協議会」の協力のもと今回の開催となりました。

今回のピザは「常磐大学ファーム」で学生たちが栽培・収穫した小麦を生地にして、持参した石窯で焼き上げました。できあがったピザは被災者住宅で暮らす方々に振る舞われ、参加した25名の学生は、短い時間ではありましたが被災者の方々との交流を楽しむことができました。

耕作放棄地からの自作の収穫物を活用し、人の輪を広げて行きながら展開していく今回の活動の企画・実施は、地域の可能性の再発見、地域の活性化の促進、コミュニケーション能力の育成といった、プロジェクト科目の主目標が実体験できる絶好の機会になりました。