ニュース&インフォメーション

常磐大学COCプラス事業主催
第1回<災害とこころ>講演会 災害による喪失と悲嘆へのケア開催について

2016年12月20日(地域連携センター)

2017年1月20日(金)に、本学において下記のとおり「第1回<災害とこころ>講演会 災害による喪失と悲嘆へのケア」を開催いたします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

内容 地震や津波などの自然災害や事故等の人災、テロなどでは、多くの人が大切な人や、家屋、地域を失う喪失を経験します。このような喪失は人々の心に深い傷を与えることがあり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病などの精神障害も高い割合でみられます。特に大切な人を失った場合には、悲嘆が長期化し、複雑性悲嘆に至る場合もあります。また、大切な人が行方不明であったり、家があるのにそこに戻れないような状態は「あいまいな喪失」と呼ばれます。今講演では、このような災害に伴う喪失とその心理的影響と支援や治療について概括します。
講師 中島 聡美 先生
福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター 特命准教授
日時 2017年1月20日(金)14:00〜16:00 (開場 13:30)
会場 常磐大学 H棟大講義室
定員 300名(先着順)
対象 一般の方、本学学生、教職員
参加費 無料
お申し込み方法 電話、FAXまたはE-mailにて受付いたします。(先着順)
電話:029-232-2652
FAX:029-232-2861
E-mail:renkei@tokiwa.ac.jp
※詳細については、こちらをご覧ください。
→ 第1回<災害とこころ>講演会 チラシ
お問い合わせ 常磐大学地域連携センター
  〒310-8585 水戸市見和1-430-1
  TEL:029-232-2652
  FAX:029-232-2861
主催・後援 主催:常磐大学COCプラス事業
後援:茨城県・水戸市・茨城新聞社・(公社)いばらき被害者支援センター