総合政策学科ニュース

2017年10月16日

期日前投票所が設置され、学生が運営に協力しました。

10月16日(月) 1日限定で第48回衆議院議員総選挙および最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票所がキャンパス内に設置されました。

衆議院選挙が公示されたことを受けて、今月22日の投票日当日に投票に行けない有権者を対象にした「期日前投票」が、11日から全国で始まっています。
常磐大学では、8月の茨城県知事選挙に続き3度目の期日前投票所の設置となりました。

前回の知事選同様、総合政策学部 砂金(いさご)准教授のゼミナールの学生12人も期日前投票所の運営に加わり、それぞれ投票立会人や受付、誘導の業務を担当しました。

学生たちは投票所設置日を前に、自分たちで作成したチラシを学内で配布するなど、投票を呼びかける活動を精力的に行いました。

投票所には、学生や教職員のほか、近隣にお住まいの方々など113名が訪れました。

期日前投票所
期日前投票所
期日前投票所
期日前投票所
期日前投票所
期日前投票所