常磐短期大学幼児教育保育学科

人間性豊かで実践力のある
教育者・保育者を養成します


幼児教育・保育は、人が人を育てる仕事です。
そのために求められる豊かな人間性、高度な知識と技能を身につけ、子どもに慕われ、保護者に信頼される教育者・保育者を養成します。

学科長メッセージ

心豊かな質の高い教育者・保育者をめざして

幼児教育保育学科では、幼稚園・保育所・認定こども園・施設等において、幼い子どもたちや障がいのある方々に寄り添いながら支えていく、心豊かな教育者・保育者をめざす学生たちが、楽しく意欲的に学んでいます。友達や教員とともに多くのことを学び、充実感と達成感を味わいながら質の高い専門性を身につけて、地域に貢献できる教育者・保育者をめざしましょう。子どもに慕われ、保護者に信頼される、やりがいのある素晴らしい道です。

福田 洋子 教授 専門:幼児教育

福田 洋子 教授
福田 洋子 教授

福田 洋子 教授 専門:幼児教育

取得できる免許・資格

幼稚園教諭二種免許状

教育職員免許状を取得することができます。

保育士資格

保育所や児童養護施設等の福祉施設で働くために必要な資格です。

めざす進路

幼児教育・保育の分野
  • 幼稚園教諭
  • 保育士(保育所・児童福祉施設)
  • 保育教諭

カリキュラム

1

乳幼児を取り巻く社会環境や、乳幼児期の発達の特性等、幼児教育・保育に不可欠な知識を学びます。実技科目では理論・知識の習得をもとに、指導のベースとなる技術を身につけます。

2

1 年次に学んだ内容からさらに踏み込んで、実践力、応用力を養います。また、教育実習・保育実習を通して乳幼児と触れ合い、子どもの理解、具体的な援助法・指導法などを修得します。

科目紹介

障害児援助技術

障がいのある幼児は、日常生活や学習場面でさまざまな困難が生じる。障がいについて正しく理解し、適切な指導や支援を行うために、障がいおよび保育現場で子どもの理解を深め、配慮と具体的な支援方法・技法について学ぶ。

教育実習
(事前事後の指導を含む)
/保育実習 I・II・III

常磐大学幼稚園や学外の幼稚園、保育所、児童福祉施設で、子どもと直接触れ合う実習を行う。事前指導では、本番への心構えや指導案・日誌の書き方を学ぶ。事後指導では、実習での経験をもとに、次の目標、課題を見いだす。

声楽 I・II

子どもは先生の声から人柄や愛情を感じ、受け止める。つまり人の声の持つ自然さや美しさを表現する技術が必要である。本授業では、子どもの歌を題材に正しい呼吸法・発声法をトレーニングし、曲の中の“こころ”を歌う。

幼児と健康
(指導法)

遊び場の減少、少子化、核家族化など、大人の利便性が優先された社会は子どもの健康にどのような影響を与えるのか?保育者として子どもの健康的な生活を保障するために、どのような援助が必要かを学び考える。

身体活動論

健康な状態を長く保つためには、望ましい食事や運動の習慣を身につける必要がある。本授業で自己の身体の状態を客観的に把握する方法と、健康づくりに有効な身体活動の方法を知り、実践するきっかけをつかむ。

カウンセリング

心理学の知見や方法を応用し、子どもやその保護者にどのように関わるとよいのか具体的事例を参考に、保育者自身のあり方や態度を、ロールプレイを交えて演習する。教育者・保育者集団のチームワーク向上にも役立つ。

課題研究

園庭あそびと環境設定

村上 八千世 ゼミナール 特任准教授

村上 八千世 特任准教授

専門:発達心理学、園環境デザイン

園庭での子どものあそびをデザインすることをテーマに活動しています。幼児期はあそび・生活環境を通してさまざまなことを学んでいきます。環境を子どもの発達や興味・関心に合わせて構成してゆくことは保育者の重要な役割です。例えば、芋ほり。子どもたちをどこかの畑まで連れて行って芋ほりをするという方法もありますが、園庭で芋を栽培すれば、苗植えや水やりなど子どもの役割を創り出したり、芋のツルがみるみる育ってゆく様子を共に観察することができます。このような環境をつくるために、保育者自身の経験も大きな助けとなります。保育者自身が芋を育てる楽しさや芋ほりの感動を体験することで、子どもたちに伝えたいことが具体的にイメージできるようになるからです。

運動遊びを考え、指導し、実践力を身につける

  • 森 慎太郎
    助教
    専門:幼児体育、スポーツ医学

    幼児の発達段階に応じた適切な運動遊びを指導できる能力を身につけます。運動遊びの指導案を考え、子どもたちに指導を行い、指導の内容や方法等についてアドバイスをし合う検討会を行い、実践力を高めていきます。

音楽イベントを企画する力を身につける

  • 鈴木 範之
    准教授
    専門:音楽教育学、ピアノ

    ハンドベル演奏を通して、音楽イベントの企画・運営の基本を学びます。春セメスターはハンドベルの基本的な奏法を学びます。秋セメスターは学内外において、クリスマスにちなんだ音楽イベントを企画・実施します。

ボックスアートや模型の制作を通して、創る楽しさ、工夫する意味を知る

  • 酒巻 洋一
    教授
    専門:美術(絵画)

    春セメスターでは、“ボックスアート”製作、秋セメスターでは、空想上の幼稚園や保育園の模型を製作。この課題研究の活動を通して実感した、“自らが作る喜び・工夫する楽しさ”を、保育の現場で子どもたちに伝えてほしいと思っています。

保育に役立つ心理学の知識を身につける

  • 大内 晶子
    准教授
    専門:発達心理学

    前半は、人や環境を観察する経験を積んで、保育者に求められる観察力を鍛えることを目標にします。後半は、保育・教育実習の中で感じた自身の課題について文献を用いて調べ、今後の保育に役立つ知識の獲得をめざします。

障がい児の「困り感」に焦点を当て、現場で使える支援教材を作製する

  • 室谷 直子
    准教授
    専門:障がい児心理学

    発達障がいの理解と、障がいのある子どもたちの「困り感」に寄り添う支援がテーマ。各自の問題意識に基づき研究テーマを決め、ポスター発表をめざしてグループで結果をまとめます。さらに、保育実践を考え、その中で使える教材を作製します。

古典や伝承をもとに紙芝居を制作し、幼児と文化について学ぶ

  • 舩城 梓
    准教授
    専門:中古、中世文学(説話文学・仏教文学・文献学・書学)

    幼児教育を通じた、子どもたちへの文化・伝統の引継ぎ方を、楽しみながら学びます。前半で日本文化での「物語」と「絵画」の関わりを研究し、後半は前半で学んだことを生かして紙芝居を制作して、知識と経験の両面から幼児教育についての考えを深めます。

私のおすすめ授業

自信を持って人前でピアノを弾きながら歌えるようになります

「器楽I」

ピアノの弾き歌いを身につける授業です。先生と1 対1 でレッスンを行うので、わからないところを積極的に質問することができます。また、課題曲の中から自由に選曲して練習するので、自分のレベルやペースに合わせて受講できます。先生や、受講者のみんなと実習についての情報交換をしながら、レッスンに励むことができました。授業の最終回には、クラス全員の前で成果発表(テスト)を行いました。とても緊張しましたが、終わった後に自信がついていることに驚きました。人前で弾く力が身についたおかげで、実習でも緊張せずに子どもたちの前で弾き歌いすることができました。

森田 ちひろ [2年] 茨城県/太田第一高等学校 出身

森田 ちひろ [2年]
森田 ちひろ [2年]

森田 ちひろ [2年] 茨城県/太田第一高等学校 出身