人間科学研究科博士課程(後期)

人間や社会にまつわる
諸科学を究める研究科です


生命科学、心理学、教育学、社会学、被害者学、犯罪学、法学、社会福祉学など、人間追究に欠かせない諸科学を集め、学際的、複眼的に人間をとらえることのできる体制を整えています。他大学院修士課程修了者にも適した博士課程(後期)です。

研究領域

第I領域

人間の発達と適応

生命の主体としての個人、人間の発達と行動、そして発達する知的存在として人間を捉えて、生命の根源を探求する生命科学、人間の行動と心の発達を実証的な方法によって解明する基礎心理学と教育心理学や臨床心理学などの応用心理学、人間の成長と発達を促すための視点や方法を理論的•実証的に分析する教育学によって構成され、幅広く科学的に人間に関わる真理を究明します。

第II領域

人間と社会・コミュニケーション

社会学・社会心理学・社会情報学・地域振興・社会福祉·被害者学等の知見を総合して、人間の本質と社会と個人の結合原理を理論的・実証的に研究します。地域社会、集団、組織の機能と構造の解明をふまえてグローバル化している社会の国際比較分析をめざすとともに、社会関係を形成する個人レベルから集団・社会、そして国際社会にいたる人間のコミュニケーション行動を総合的に把握します。

取得可能学位

博士(人間科学)

研究指導教員一覧

第I領域

森山 哲美 教授

専門:行動分析学、学習心理学、比較心理学

伊東 昌子 教授

専門:認知心理学、環境情報心理学、職場学習の心理学

中原 史生 教授

専門:比較認知科学、動物行動学

第II領域

長谷川 幸一 教授

専門:組織社会学、知識社会学、人間科学の歴史

冨田 信穗 教授

専門:被害者学、被害者支援

文堂 弘之 教授

専門:経営学(経営財務論、証券市場論)

水嶋 陽子 教授

専門:家族社会学、社会老年学

安田 尚道 教授

専門:経営学(労務管理論、環境経営学)

千手 正治 准教授

専門:犯罪学、被害者学、刑事法

砂金 祐年 准教授

専門:政治学、公共政策論

在学生の声

実験的研究で得た知見で、非行少年の更生に役立ちたい。

もともと私は臨床心理学に興味がありました。特に「不良」と呼ばれる少年少女たちの反社会的行動について理解を深め、彼らの更生に貢献したいと考えていました。常磐大学大学院は、反社会的行動について、論文や書籍を読むだけではなくヒトや動物を用いた実験的研究を積極的に行っている日本でも数少ない大学院の一つということを知り、進学を決めました。現在私は行動分析学の視点に基づき、攻撃行動の基礎的研究を行っています。特に、攻撃を受けた側の行動が、攻撃した側の攻撃行動に対しどのような影響を及ぼすかについて研究しています。今後の目標は、攻撃行動の基礎的研究と従来関心のあった臨床分野をリンクさせること。そして、研究者でありながら、非行少年たちをケアできる更生のエキスパートとして社会に貢献できるようになること。実験を通じて積み重ねた知見は、きっと現場で役に立つと信じています。

佐久間 崇 [第I領域 2年] 早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科 出身

佐久間 崇 [第I領域 2年]
佐久間 崇 [第I領域 2年]

佐久間 崇 [第I領域 2年] 早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科 出身