人間科学研究科修士課程

複眼的に人間理解に
努めることのできるカリキュラムを整えています


心理学、教育学、社会学、情報学や被害者学、地域振興学といった周辺諸科学の英知を集め、複眼的に人間理解に努めることのできるカリキュラムを整えています。その特性に鑑み、領域を横断した研究計画やテーマに臨むための基礎を築く「人間科学の方法論研究」「人間科学合同演習」などの科目を充実させています。

研究領域

第I領域

人間の発達と適応

人間の行動の発達過程を生命科学の手法を用いて解明し、心の発達と行動や熟達を心理学的に分析します。また、学習による人格形成の教育学的研究を行います。

第II領域

人間と社会・コミュニケーション

社会学、社会心理学を基礎にして、人間の心性と人間がつくる集団・組織の構造と機能、それを支えるコミュニケーションの特質を解明します。

第III領域

臨床心理学

教育、福祉、医療界をはじめ、行政機関や企業で活躍する臨床心理士を養成します。(公財)日本臨床心理士資格認定協会から第1種指定大学院として指定されており、修了後すぐに臨床心理士試験の受験資格が得られます。

取得可能学位

修士(人間科学)

取得可能免許

中学校教諭専修免許状
(社会)

教育職員免許状を取得することができます。

高等学校教諭専修
免許状(公民)

教育職員免許状を取得することができます。

※ 中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(公民)を有していることが条件。

研究指導教員一覧

第I領域

森山 哲美 教授

専門:行動分析学、学習心理学、比較心理学

渡邉 孝憲 教授

専門:臨床心理学 人格心理学

伊東 昌子 教授

専門:認知心理学、環境情報心理学、職場学習の心理学

中原 史生 教授

専門:比較認知科学、動物行動学

申 紅仙 教授

専門:産業・組織心理学、人間工学、安全心理学

第II領域

岩田 温 教授

専門:コミュニケーション学、社会情報政策学

西澤 弘行 教授

専門:会話分析、言語学、認知科学

長谷川 幸一 教授

専門:組織社会学、知識社会学、人間科学の歴史

冨田 信穗 教授

専門:被害者学、被害者支援

文堂 弘之 教授

専門:経営学(経営財務論、証券市場論)

水嶋 陽子 教授

専門:家族社会学、社会老年学

安田 尚道 教授

専門:経営学(労務管理論、環境経営学)

千手 正治 准教授

専門:犯罪学、被害者学、刑事法

砂金 祐年 准教授

専門:政治学、公共政策論

第III領域

水口 進 教授

専門:臨床心理学、障害児心理学、学校心理学

馬塲 久美子 准教授

専門:臨床心理学、異常心理学、家族心理学

在学生の声

国際学会での発表で、新たな視野を獲得できました。

大学時代よりヒトの思考や言語について関心があり、それらの基礎をなす「概念」について深く考察したいと大学院進学を希望。実験設備が充実している常磐大学大学院なら、基礎的研究がしっかりできると確信し、大学3年生の時に大学院への進学を決意しました。現在は主にハトとヒトを対象とした刺激と学習の関係について研究をしています。研究者がハトの行動を制御するだけではなく、ハトの行動によって研究者自身の行動も変化することを実感したときは、静かな感動を覚えました。さまざまな経験の中で特に忘れ難いのがアメリカで開催された国際学会での成果発表です。異なる文化や価値観を持った研究者との交流は刺激的で、自らの視野も広がりました。また、修学支援制度が充実しているのもこの大学院の魅力。国際学会参加の際は10万円の奨励金が支給されました。経済的にも安心できるこの環境で、さらに研究を深めていきたいです。

石塚 雅貴 [第I領域 2年] 常磐大学 人間科学部 心理学科 出身

石塚 雅貴 [第I領域 2年]
石塚 雅貴 [第I領域 2年]

石塚 雅貴 [第I領域 2年] 常磐大学 人間科学部 心理学科 出身