地域連携センター

主な活動内容

常磐大学地域連携センターは、常磐大学・常磐短期大学の学内資源(知的資源、人的資源、物的資源など)を開放し、地域社会の発展や高度化に寄与することを目指しています。

オープンカレッジ 教養講座/語学講座/パソコン講座/小中高生講座/ビジネス講座/資格取得対策講座/特別講座(講演会など)
単位確認講座 単位修得を目的として、常磐大学大学院、常磐大学、常磐短期大学の時間割に基づき開講される正規の授業科目を社会人が履修する場合、センターが窓口となって、案内と履修手続きを行います。
受託講座 公共機関(国・県・市町村など)からの申し出を受けて、プログラムの実行(日程、テーマ、講師、場所)をセンターが担当し、広報や受講者受付を申し出機関が担当します。
学習情報提供・学習相談 各地域(県、市町村、各センターなど)とのネットワーク(協力体制)を整備し、生涯学習に関する各種の学習情報を提供するとともに学習相談に応じます。
産官学連携 茨城県の自治体や企業と協業関係を築き、新しい製品、知的資産の創造・継承、そして優れた人材の養成を目指します。
指導者の養成・研修 地域における生涯学習推進のための指導者の養成・研修に関する事業を行います。

すべてのステークホルダーに教育・学習機会を提供

すべてのステークホルダーに教育・学習機会を提供

オープンカレッジ

どなたでも学べる大学の生涯学習講座 受講生募集中

地域連携センターの開講する公開講座の総称が「オープンカレッジ」です。オープンカレッジは、本学の持つ教育資源を地域社会へと還元し、人々の高度で多様な学習ニーズに応え、新たな学習意欲や自己実現を支援するとともに、開かれた学びの場として、学習機会を提供していきます。一般社会人や職業人、学生、小中高生までさまざまな世代を対象に、「教養」「語学」「パソコン」「ビジネス」「資格取得対策」ほか、「特別講座(学内外の著名人等による講演会)」からなる講座を企画・運営しています。

詳しい情報

常磐大学地域連携センター

開催講座の一覧やその他の詳しい情報は、常磐大学地域連携センターのウェブサイトをご覧ください。

科目等履修生

科目等履修生(大学・短期大学)

2017(平成29)年度 常磐大学大学院 科目等履修生〔一般履修生〕募集要項

常磐大学および常磐短期大学(以下、「本学」という。)の学生以外の者で、本学が開設する授業科目のうちのいずれかまたは複数の授業科目を選んで履修しようとする者があるときは、本学の授業および研究に妨げのない限り、選考の上、科目等履修生(一般履修生)として入学を許可します。

1.募集学部等

常磐大学(人間科学部、総合政策学部)、常磐短期大学

2.入学時期

2017年4月(2017年度春セメスター)または2017年9月(2017年度秋セメスター)

3.募集人員

各学部、短期大学とも若干名

4.出願資格

  1. 次の要件のいずれかを満たす者

    (1)高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者

    (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者

    (3)学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者

    (4)本学における個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、入学の時点で満18歳以上の者

  2. 事前相談を受けた者

    事前相談を受けていない場合は出願できませんので、必ず指定期間内に相談してください。

    【留意事項】

    ※外国人留学生においては、上記と併せて次の4つの出願資格をすべて満たさなければなりません。

    (1)独立行政法人日本学生支援機構が実施する「日本留学試験(教科:日本語)」で200点以上の成績に達している者、または「日本語能力試験」N2または旧試験2級以上に合格している者

    (2)勉学に必要な学費および生活費を有している者

    (3)入学の時点で満18歳以上の者

    (4)入学後は原則として「出入国管理及び難民認定法」による「留学」等の本学において科目等履修生として勉学可能な在留資格を取得または更新することができ、日本での勉学の継続が可能な者

    ※本学に合格し、入学後在留資格「留学」等の取得または更新の手続きができるかどうか疑問がある場合は、あらかじめ入国管理局に確認をしてから出願してください。

5.履修可能科目・単位数

  • (1)科目等履修生が履修できる科目は、正規学生の履修登録があり、開講が確定している授業科目に限ります。また、実験、実習、実技、および演習など、予め履修を制限するものがあります。
  • (2)修得単位数については、特に制限はありません。

6.出願方法

  • (1)出願書類
  1. 書類は、募集要項に同封してあります。「7.出願書類一覧」を確認の上、該当する書類を使用してください。
  2. 出願後の履修希望科目の変更は一切認めませんので、間違いのないように記入してください。
  • (2)選考料
  1. 選考料は、10,000円です。
  2. いったん納入された選考料は、いかなる理由があっても返還しません。
  3. 選考料は、出願書類に添えて納付してください。
  • (3)出願書類提出方法
  1. 書類持参で直接窓口に提出してください。(郵送不可)
  2. 窓口は、月曜日~金曜日(祝日は除く) 9:00~17:00に地域連携センター(TEL:029-232-2652)に提出してください。
  • (4)留意事項
    身体に著しい障害(強度の視覚障害・聴覚障害・言語障害・四肢運動障害)のある者は、修学上特別な配慮を必要とすることが起こり得るので、事前相談期間中に地域連携センターまで申し出てください。

7.出願書類一覧

  • (1)科目等履修生志願書(本学所定用紙) 1通
  • (2)事前相談書(本学所定用紙) 1通
  • (3)出願資格を証明する書類 1通
    出身高等学校の卒業証明書、出身大学の卒業証明書等。ただし、海外の大学等でこれらの発行を受ける者は、英文で発行を受けたものを提出してください。

※外国人留学生は、上記(1)~(3)のほかに「日本留学試験」または「日本語能力試験」の結果を証明する書類を追加してください。
(原本を持参してください。地域連携センターがコピーし、原本を返却します。)

※日本語学校の卒業者は、上記(1)~(3)のほかに日本語学校の卒業証明書および成績証明書が追加となります。

  • (4)写真(上半身正面、縦 4.0㎝×横 3.0㎝、3か月以内に撮影) 2枚
  • (5)戸籍抄本(または戸籍個人事項証明書) 1通

※外国人の方は、在留カード(表・裏)またはパスポートの原本(氏名および在留資格・在留期間が記載されている頁を地域連携センターがコピーし、その場で返却いたします。)

  • (6)学力に関する証明書(教員免許状申請希望者のみ提出)

※大学・短期大学で、教育職員免許法に基づく一種免許状または二種免許状取得に必要な単位の一部を取り残して卒業し、不足する単位を科目等履修生制度により修得して個人申請する者(ただし、教育実習および小学校・中学校免許状における介護等体験を既に大学・短期大学で修得した者に限る)。免許法上の科目名に対応したもので、希望免許状に係る「学力に関する証明書」を出願時に提出してください。

8.選考日程および選考方法

  • (1)選考日程
春セメスター 秋セメスター
事前相談期間 2017年2月6日(月)
~2月10日(金)
2017年8月17日(木)
~8月23日(水)
出願期間 2017年2月13日(月)
~2月17日(金)
2017年8月24日(木)
~8月30日(水)
合格発表日※ 2017年3月3日(金)
午前9時
2017年9月1日(金)
午前9時
入学手続期間 2017年3月6日(月)
~3月10日(金)
2017年9月4日(月)
~9月8日(金)
オリエンテーション開催日 2017年3月21日(火)
午前10時半~11時
2017年9月21日(木)
午前10時半~11時

※期間のあるものは、土日祝日を除きます。

※選考の結果は、本学ホームページ(受付番号の表示)で行います。
下記URLで確認してください。
http://www.tokiwa.ac.jp/renkei/kamokutokekka_2017u.html

  • (2)選考方法
    出願書類をもとに選考を行います。ただし、必要に応じて面接を行う場合があります。

9.入学手続方法

  • (1)入学手続は常磐大学で行います。合わせてオリエンテーションも実施しますので、必ず出席してください。
  • (2)入学手続時に、登録料10,000円を納付してください。

  ※履修費は、履修科目が正式に決定したのちお支払いいただきます。

10.納付金

  • (1)選考料 10,000円(出願書類に添えて納付)
  • (2)登録料 10,000円(入学許可決定後に納付)
  • (3)履修費(受講許可決定後に納付)
    1単位当たり

   講義及び演習 15,000円

   実験、実習及び実技 30,000円

  ※実験・実習及び実技の実費については別途徴収

例:1科目(2単位:講義及び演習)を履修する場合
選考料10,000円  登録料10,000円  履修費30,000円(@15,000円×2単位) 合計50,000円

《注意》

  1. 上記の諸費用は、指定された期日までに必ず納付してください。
  2. 既納の選考料、登録料および履修費は、原則として返還いたしません。

11.在籍期間

  • (1)入学を許可された者の在籍期間は、原則として1年以内です。ただし、在籍期間は所定の手続きを行った場合において、8年以内に限りこれを延長することができます。
  • (2)在籍期間中は、セメスタ-毎に、受講を希望する授業科目を開設している学部別に「科目受講願」を提出し、受講許可を得ます。

12.入学後の注意事項とお知らせ

  • (1)科目等履修生は、大学開講科目を履修する場合は、常磐大学の人間科学部または総合政策学部に所属、短期大学開講科目を履修する場合は、短期大学に所属していただきます。
  • (2)科目等履修生は、前記(1)の所属にかかわらず、人間科学部、総合政策学部、国際学部、コミュニティ振興学部および短期大学開講科目を受講することができます。(ただし、予め履修を制限されている科目を除く。)
  • (3)科目等履修生は、特に定めのない限り正規学生に適用される諸規則に従っていただきます。
  • (4)希望する科目を履修するには、科目担当者の承認が必要となります。場合によっては、当該科目の履修が認められないことがあります。
  • (5)単位を修得した者から請求があった場合は、単位修得証明書を交付いたします。
  • (6)「科目等履修生学籍簿」を提出していただいたのち、「学生証」を交付いたします。「学生証」は必ず携帯し、本学教職員から提示を求められたときは、それに応じなければなりません。
  • (7)科目等履修生は、情報メディアセンター(図書館)を利用することができます。

科目等履修生(大学院)

常磐大学大学院(以下「本学」という。)の学生以外の者で、本学が開設する授業科目のうちのいずれかまたは複数の授業科目を選んで履修しようとする者があるときは、本学の授業および研究に妨げのない限り、選考の上、科目等履修生(一般履修生)として入学を許可します。

1.入学時期

2017年4月(2017年度春セメスター)または2017年9月(2017年度秋セメスター)

2.募集人員

若干名

3.出願資格

  1. 次の要件のいずれかを満たす者
    【修士課程の授業科目を履修する場合】

    (1)大学を卒業した者

    (2)大学改革支援・学位授与機構より学士の学位を授与された者

    (3)外国において学校教育における16年の課程を修了した者※

    (4)文部科学大臣の指定した者

    (5)当該研究科において個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、入学の時点で満22歳以上の者

    ※大学教育修了までの学校教育の課程が16年に満たない国において大学教育を修了した者で、大学教育修了後、相当期間研究に従事し、かつ、22歳に達し、当該研究科において日本の大学を卒業した者と同等以上の学力が認められた者は、出願することができます。(昭和56年文部省告示第154号)

    【博士課程(後期)の授業科目を履修する場合】

    (1)修士の学位を有する者

    (2)外国において修士の学位に相当する資格を有する者

    (3)文部科学大臣の指定した者

    (4)当該研究科において個別の入学資格審査により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められた者で、入学の時点で満24歳以上の者

    【留意事項】

    ※外国人留学生においては、上記と併せて次の4つの出願資格をすべて満たさなければなりません。

    (1)独立行政法人日本学生支援機構が実施する「日本留学試験(教科:日本語)」で200点以上の成績に達している者、または「日本語能力試験」N2または旧試験2級以上に合格している者

    (2)勉学に必要な学費および生活費を有している者

    (3)入学の時点で満18歳以上の者

    (4)入学後は原則として「出入国管理及び難民認定法」による「留学」等の本学において科目等履修生として勉学可能な在留資格を取得または更新することができ、日本での勉学の継続が可能な者

    ※本学に合格し、入学後在留資格「留学」等の取得または更新の手続きができるかどうか疑問がある場合は、あらかじめ入国管理局に確認をしてから出願してください。

  2. 事前相談を受けた者

    事前相談を受けていない場合は出願できませんので、必ず指定期間内に相談してください。

4.履修可能科目・単位数

科目等履修生が履修できる授業科目は、原則として正規学生の履修登録があり、開講が確定している授業科目に限ります。
なお、下記の1~4の場合は、正規学生の有無にかかわらず、科目を履修することができません。

  1. 正規学生の履修がなく休講とする科目
  2. 修士論文研究指導および博士論文研究指導のための科目
  3. 研究科委員会において科目等履修生の履修を制限することを決めた科目
  4. 履修が許可された授業科目であっても、授業開始後に止むを得ない事情によって開講が中止された科目

※本学専任教員が担当する科目については、正規学生による履修者がいない場合でも、履修が認められる場合があります。

※修得単位数の上限はありません。

※上記2および3については、別表「履修対象外科目一覧」を参照してください。

※履修を希望する科目を受講するためには科目担当教員の許可を必要とするため、科目等履修生となった場合においても、当該科目の履修が認められない場合があります。科目の受講は、正規学生の履修登録が終了し、科目の開講が決定してからとなるため、授業開始から2回目ないし3回目からの受講となります。

5.出願方法

  • (1)出願書類
  1. 書類は、募集要項に同封してあります。「6.出願書類一覧」を確認の上、該当する書類を使用してください。
  2. 出願後の履修希望科目の変更は一切認めませんので、間違いのないように記入してください。
  • (2)選考料
  1. 選考料は、10,000円です。
  2. いったん納入された選考料は、いかなる理由があっても返還しません。
  3. 選考料は、出願書類に添えて納付してください。
  • (3)出願書類提出方法
  1. 書類持参で直接窓口に提出してください。(郵送不可)
  2. 窓口は、月曜日~金曜日(祝日は除く) 9:00~17:00に地域連携センター(TEL:029-232-2652)に提出してください。
  • (4)留意事項
    身体に著しい障害(強度の視覚障害・聴覚障害・言語障害・四肢運動障害)のある者は、修学上特別な配慮を必要とすることが起こり得るので、事前相談期間中に地域連携センターまで申し出てください。

6.出願書類一覧

  • (1)科目等履修生志願書(本学所定用紙) 1通
  • (2)事前相談書(本学所定用紙) 1通
  • (3)出願資格を証明する書類 1通
    出身大学の卒業証明書等。ただし、海外の大学等でこれらの発行を受ける者は、英文で発行を受けたものを提出してください。

※外国人留学生は、上記(1)~(3)のほかに「日本留学試験」または「日本語能力試験」の結果を証明する書類を追加してください。
(原本を持参してください。地域連携センターがコピーし、原本を返却します。)

※日本語学校の卒業者は、上記(1)~(3)のほかに日本語学校の卒業証明書および成績証明書が追加となります。

  • (4)写真(上半身正面、縦 4.0㎝×横 3.0㎝、3か月以内に撮影) 2枚
  • (5)戸籍抄本(または戸籍個人事項証明書) 1通

※外国人の方は、在留カード(表・裏)またはパスポートの原本(氏名および在留資格・在留期間が記載されている頁を地域連携センターがコピーし、その場で返却いたします。)

  • (6)学力に関する証明書(教員免許状申請希望者のみ提出)

※大学院で、教育職員免許法に基づく専修免許状取得に必要な単位の一部を取り残して修了し、不足する単位を科目等履修制度により修得して個人申請する者。免許法上の科目名に対応したもので、希望免許状に係る「学力に関する証明書」を出願時に提出してください。

7.選考日程および選考方法

  • (1)選考日程
春セメスター 秋セメスター
事前相談期間 2017年3月21日(火)~3月27日(月) 2017年8月17日(木)~8月23日(水)
出願期間 2017年3月31日(金)~4月5日(水) 2017年8月24日(木)~8月30日(水)
合格発表日※ 2017年4月7日(金) 午前9時 2017年9月1日(金) 午前9時
入学手続期間 2017年4月10日(月)
午前10時半~11時
2017年9月4日(月)~9月8日(金)
オリエンテーション開催日 2017年9月21日(火) 午前10時半~11時

※期間のあるものは、土日祝日を除きます。

※選考の結果は、本学ホームページ(受付番号の表示)で行います。
下記URLで確認してください。
http://www.tokiwa.ac.jp/renkei/kamokutokekka_2017g.html

  • (2)選考方法
    出願書類をもとに選考を行います。ただし、必要に応じて面接を行う場合があります。

8.入学手続方法

  • (1)入学手続は常磐大学で行います。合わせてオリエンテーションも実施しますので、必ず出席してください。
  • (2)入学手続時に、登録料10,000円を納付してください。

  ※履修費は、履修科目が正式に決定したのちお支払いいただきます。

9.納付金等

  • (1)選考料 10,000円(出願書類に添えて納付)
  • (2)登録料 10,000円(入学許可決定後に納付)
  • (3)履修費(受講許可決定後に納付)

   講義及び演習 1単位当たり 20,000円

   実験、実習及び実技 実費徴収

例:1科目(2単位:講義及び演習)を履修する場合
選考料10,000円  登録料10,000円  履修費40,000円(@20,000円×2単位) 合計60,000円

《注意》

  1. 上記の諸費用は、指定された期日までに必ず納付してください。
  2. 既納の選考料、登録料および履修費は、原則として返還いたしません。

10.在籍期間

  • (1)入学を許可された者の在籍期間は、原則として1年以内です。ただし、在籍期間は所定の手続きを行った場合において、修士課程は4年以内、博士課程(後期)は6年以内に限りこれを延長することができます。
  • (2)在籍期間中は、セメスタ-毎に、受講を希望する授業科目を開設している研究科別に「科目受講願」を提出し、受講許可を得ます。

11.入学後の注意事項とお知らせ

  • (1)科目等履修生は、履修する科目に関わらず人間科学研究科に所属していただきます。
  • (2)特に定めのない限り正規学生に適用される諸規則に従っていただきます。
  • (3)希望する科目を履修するには、科目担当者の承認が必要となります。場合によっては、当該科目の履修が認められないことがあります。
  • (4)単位を修得した者から請求があった場合は、単位修得証明書を交付いたします。
  • (5)「科目等履修生学籍簿」を提出していただいたのち、「学生証」を交付します。「学生証」は、必ず携帯し、本学教職員から提示を求められたときは、それに応じなければなりません。
  • (6)科目等履修生は、情報メディアセンター(図書館)を利用することができます。
別表 履修対象外科目一覧
人間科学研究科 被害者学研究科 コミュニティ振興学研究科
【修士課程科目】
  • 修士論文研究
  • 修士論文特別研究
  • 人間科学合同演習
  • 人間科学合同特別演習
  • 臨床心理学特論I・II
  • 臨床心理面接特論I・II
  • 臨床心理査定演習
  • 臨床心理査定特別演習
  • 臨床心理基礎実習
  • 臨床心理実習
  • 心理療法特論I・II・III・IV
  • ケース・カンファレンス特論I・II
  • グループ・アプローチ特論
  • 投映法特論
  • 学校臨床心理学特論
  • ケース・マネジメント実習I・II
【博士課程(後期)科目】
  • 博士論文研究
  • 博士論文特殊研究
  • 人間科学研究法
【修士課程科目】
  • 修士論文研究
  • 修士論文特別研究
【博士課程(後期)】
  • 博士論文研究
  • 博士論文特殊研究
  • 被害者学研究報告I
  • 被害者学研究報告II
  • 被害者学研究報告III
  • 修士論文研究
  • 修士論文特別研究
  • ミュージアム・インターンシップ
  • コミュニティ振興学実務研修

上記科目の他、正規学生の履修がなく休講とする科目

※ただし、本学専任教員が担当する科目については、正規学生による履修者がいない場合でも履修が認められる場合があります。

地域連携

常磐大学地域連携センターは、常磐大学・常磐短期大学の学内資源(知的資源、人的資源、物的資源など)を開放し、地域社会の発展や高度化に寄与することを目指しています。

地域の方々や地方自治体、企業、市民団体等と協働することを通して教職員や学生が学ばせて戴き、学生を地域の中で育てて戴こうとも考えております。大学と地域が「教えあい、学びあい」ながら双方向で協働し合うということがこれからの地域にとって重要であり、「活力ある地域社会」のための地域力の向上に適うものと考えています。

詳しい情報

地域連携

地域連携に関する詳しい情報は、地域連携のページをご覧ください。

委嘱・派遣依頼

本学の教員または学生への委嘱、または派遣依頼について

本学の教員または学生に、各委員の委嘱、講演会の依頼を希望される場合の申し込みの流れを記載しております。
ご依頼に関しまして、できる限りご協力させて頂きますが、教員との調整のためお時間をいただく場合や教員の都合および該当教員がいない場合など、ご要望に沿えない場合もございますので、恐れ入りますがご了承ください。

1.依頼の流れ

  • (1)下記添付の「委嘱・派遣依頼書(新規・継続)」に希望の依頼内容を記入(入力)してください。
  • (2)「委嘱・派遣依頼書(新規・継続)」を本学地域連携センターに提出してください。提出先は下に記載しております(郵送または持参)
  • (3)本学地域連携センターより、学内会議を経てお引き受けすることが可能か、ご連絡致します。
  • (4)教員が決まりましたら、下記の文書を常磐大学学長宛てで、本学地域連携センターにご提出ください。
    様式は決まっておりませんので、各主催団体の任意の様式で結構です。

・常磐大学学長 宛 「委員(または講演)委嘱状」

2.備考

教員決定後も、教員は授業、会議、研修など研究室を外していることが多いため、連絡は地域連携センターを通すよう、お願い致します。
ただし、複数回続く委員委嘱の際は、1回目の会議までは地域連携センターを通して頂き、2回目以降は、教員と直接のご連絡をお願い致します。

3.連絡先・提出先

常磐大学 地域連携センター
〒310-8585 茨城県水戸市見和1-430-1
TEL:029-232-2652、FAX:029-232-2861
E-mail:renkei@tokiwa.ac.jp

委嘱・派遣依頼書の様式

お問い合わせ

住所 〒310-8585 水戸市見和1-430-1
常磐大学地域連携センター
TEL 029-232-2852(平日9時~17時30分)
FAX 029-232-2861