常磐短期大学

実学施行のカリキュラムで、
社会に出てすぐに役立つ教養・知識・スキルを養います。

常磐短期大学

常磐短期大学は、2016年に創立50周年を迎えました。開学当初は、生活科学の科の前身である家政科(家政専攻、食物栄養専攻)のみの単科でしたが、2年後の1968年には幼児教育科(現・幼児教育保育学科)が開設されました。さらに1975年には教養科が、1990年には経営情報科が開設され、今日のキャリア教養学科の礎を築きました。

常磐短期大学は実学を重んじる高等教育機関です。キャリア教養学科では企業社会で活躍することを念頭に、ビジネスの現場で役立つ教養・知識・スキルを身につけます。幼児教育保育学科では、幼稚園教諭や保育士として子どもの成長と発達をサポートする専門職業人を養成。併設の常磐大学幼稚園が実習の機会を提供してくれます。いずれの学科も、実学を通して身につけた教養と人間力が高い評価を得て、全国平均を上回る就職実績をあげています。また、学びのステップアップを望む学生に対しては 常磐大学をはじめ4年制大学への編入学に向けた支援を行っています。

学校の名称 常磐短期大学
設置者(代表者) 学校法人常磐大学理事長 森 征一
住所 〒310-8585
茨城県水戸市見和1-430-1
学長 冨田 信穗
開設 1966年
TEL 029-232-2511
FAX 029-231-6078
E-mail -
URL http://www.tokiwa.ac.jp/coll/

ページのトップへ