沿革

学校法人常磐大学沿革

1909年 (明治42年)11月
小田木(諸澤)みよ 水戸市馬口労町に裁縫教授所を開設
1922年 (大正11年)4月
水戸常磐女学校を開校
(4月18日常磐大学高等学校創立記念日)
1935年 (昭和10年)4月
常磐高等女学校を開校
1948年 (昭和23年)4月
学制改革により、総合制の常磐女子高等学校を開校
(普通科、被服科、商業科、別科)
1951年 (昭和26年)3月
私立学校法により、学校法人常磐学園設置認可
1966年 (昭和41年)1月
常磐学園短期大学設置認可
(1月25日常磐短期大学創立記念日)
(昭和41年)4月
常磐学園短期大学を開学
(家政科家政専攻、家政科食物栄養専攻)
1968年 (昭和43年)4月
常磐学園短期大学幼児教育科を設置
1969年 (昭和44年)12月
常磐学園短期大学附属幼稚園設置認可
1970年 (昭和45年)4月
常磐学園短期大学附属幼稚園を開園
1975年 (昭和50年)4月
常磐学園短期大学教養科を設置
1983年 (昭和58年)1月
常磐大学設置認可
(1月25日常磐大学創立記念日)
(昭和58年)4月
常磐大学を開学
(人間科学部人間関係学科、コミュニケーション学科)
1987年 (昭和62年)4月
常磐学園短期大学の学科名称変更
(教養科を教養学科、幼児教育科を幼児教育学科、家政科家政専攻を生活科学科生活科学専攻、家政科食物栄養専攻を生活科学科食物栄養専攻)
1988年 (昭和63年)4月
常磐大学人間科学部組織管理学科を設置
1989年 (平成元年)4月
常磐大学大学院人間科学研究科人間科学専攻修士課程を設置
1990年 (平成2年)4月
常磐学園短期大学を常磐大学短期大学部に名称変更し、男女共学化
常磐学園短期大学経営情報学科を設置
常磐学園短期大学附属幼稚園を常磐大学短期大学部附属幼稚園に名称変更
1993年 (平成5年)4月
常磐大学大学院人間科学研究科人間科学専攻博士課程(後期)を設置
1996年 (平成8年)4月
常磐大学国際学部を設置(国際協力学科、国際ビジネス学科)
1999年 (平成11年)4月
常磐大学短期大学部を常磐短期大学に名称変更
常磐大学短期大学部附属幼稚園を常磐短期大学附属幼稚園に名称変更
2000年 (平成12年)4月
常磐大学コミュニティ振興学部を設置
(コミュニティ文化学科、ヒューマンサービス学科)
常磐女子高等学校を常磐大学高等学校に名称変更し、男女共学化
2002年 (平成14年)4月
常磐短期大学の幼児教育学科を幼児教育保育学科に名称変更
2003年 (平成15年)4月
常磐短期大学教養学科および経営情報学科を募集停止
常磐短期大学キャリア教養学科を設置
2004年 (平成16年)4月
常磐大学大学院コミュニティ振興学研究科コミュニティ振興学専攻修士課程を設置
常磐大学人間科学部人間関係学科、組織管理学科、および国際学部国際協力学科、国際ビジネス学科を募集停止
常磐大学人間科学部心理教育学科、現代社会学科、および国際学部国際関係学科(国際協力学専攻、国際ビジネス学専攻)、英米語学科を設置
2005年 (平成17年)1月
学校法人名称を「常磐学園」から「常磐大学」に変更
(平成17年)4月
常磐大学大学院被害者学研究科被害者学専攻修士課程設置
常磐短期大学附属幼稚園を常磐大学幼稚園に名称変更
2006年 (平成18年)4月
常磐大学コミュニティ振興学部地域政策学科を設置
2007年 (平成19年)11月
智学館中等教育学校設置認可
(11月1日 智学館中等教育学校創立記念日)
2008年 (平成20年)4月
常磐大学人間科学部心理教育学科、および国際学部国際関係学科(国際協力学専攻、国際ビジネス学専攻)を募集停止
常磐大学人間科学部心理学科、教育学科、健康栄養学科、および国際学部経営学科を設置
常磐短期大学生活科学科食物栄養専攻、生活科学科生活科学専攻を募集停止
智学館中等教育学校を開校
2013年 (平成25年)4月
常磐大学大学院被害者学研究科被害者学専攻博士課程(後期)を設置
2015年 (平成27年)4月
常磐大学幼稚園が認定こども園(幼稚園型)に認定
2016年 (平成28年)4月
常磐大学大学院被害者学研究科被害者学専攻博士課程(後期)、修士課程、およびコミュニティ振興学研究科コミュニティ振興学専攻修士課程を募集停止
2017年 (平成29年)4月
常磐大学国際学部を募集停止(経営学科、英米語学科)
常磐大学コミュニティ振興学部を募集停止(コミュニティ文化学科、地域政策学科、ヒューマンサービス学科)
常磐大学総合政策学部を設置(経営学科、法律行政学科、総合政策学科)

ページのトップへ